【森田童子さん死去していた「高校教師」主題歌ヒット】お悔やみ申し上げます。柳

1976年(昭51)年に「ぼくたちの失敗」がヒットするなど、1970年代にシンガー・ソングライターとして活躍し、1983年(昭58)に引退した森田童子さん(もりた・どうじ=本名不明)が、4月24日に亡くなっていたことが11日、分かった。66歳だった。日本音楽著作権協会(JASRAC)の会報に、訃報が掲載された。死因は明らかにされていない。
森田さんは、1975年(昭50)に「さよなら ぼくの ともだち」でデビュー。若さとむなしさが充満する歌詞と、語り掛けるような歌声が特徴で「孤立無援の唄」や「男のくせに泣いてくれた」などヒット曲を出した。ライブハウスを中心に活動を展開し、若者に支持されたが、83年に東京・新宿ロフトでの公演後、活動を休止した。明確な引退宣言はなかったが、引退後は主婦として暮らし、表舞台には出なかった。

 その中、1993年(平5)に「ぼくたちの失敗」がTBSドラマ「高校教師」の主題歌となり再ブームを呼んだ。2016年には、最新技術でリマスターされたアルバム全集や全曲集の楽譜も出版されるなど、再び脚光を浴びていた。

※ すっかり忘れてしまった方もいらっしゃると思いますが、素晴らしい感性でライヴハウスのカリスマだった森田童子さん。10代の私には衝撃的でした。あの頃は、山崎ハコさんとダブル人もいますが両巨匠だった気がします。やたらと半端ない暗さが当時の日本を象徴していた気がします。フォークソングを四畳半演歌みたいに言う人もいますが、私はその歌で救われたし生きる糧になり今があります。批判ばかり言う奴は何も得られない。

また、思い出の曲が聴けなくなりました。残念です。ご冥福をお祈りいたします。柳。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    名無し (火曜日, 12 6月 2018 08:11)

    お悔やみ申し上げます、私も青春の1ページでした。