【天国】と【地獄】吉田哲

ある男が「天国」と「地獄」を
のぞいてみました。どちらも綺麗な花が咲き、水が流れ
それはそれは美しい場所でした。テーブルには、
おいしそうなご馳走も並べらています。
しかし「地獄」の住人は皆ガリガリに痩こけていて、
目は血走り気が立っている様子「こんなにも美しい世界で、
いっぱいご馳走が用意されているのに、
なぜ人々は飢えで気が狂いそうなんだろう・・・」
やがて食事の時間を知らせる鐘がなりました。
「天国」の住人にも「地獄」の住人にも
たった一つ与えらた条件があります。
”1メートル以上の長い箸を使って食べなければならない。”
「地獄」の住人は鐘がなると一斉に長い箸をつかみ
我先にと一生懸命ごちそうを食べようとしてます。
しかし箸があまりにも長すぎるので、悪戦苦闘
せっかく箸ですくった食べ物を落としてしまったり、
箸が長すぎるために隣の人とぶつかり
「食べ物が自分の口に入らないのはお前のせいだ!」と
互いをののしり合い、他人の食べ物を横取りしようとして
けんかばかり・・・そんなことをしている間に
食事の時間は終了・・・それは見るに耐えない
光景でした。次に「天国」の住人の様子を
見に行きました。皆ふくよかで笑顔が絶えず、
幸せそうな様子です。
「地獄」の住人と条件は全く同じ
”1メートル以上の長い箸を使って食べなければならない。”
しかし、「天国」の住人はおいしい料理をお腹いっぱい
食べることができています。
あなたはなぜかわかりますか?
「天国」の住人もいよいよ食事の時間がスタートです。
「天国」の住人は長い箸で食べ物を挟むと
向こう側の人の口に入れてあげてます。
その人もまたこちらに食べ物を運んできてくれてます。
おたがいに仲良く 他の人とごちそうを分けあっていたのです。
その長い箸は自分のために使うのではなく
周りを喜ばせるために使っているのです。
そういうことが自然に行われている世界でした。
だから「天国」の住人はいつも笑顔を絶やすことなく、
幸せいっぱいなのでした。天国も地獄も実は同じ場所。
ただ違うのは「互いに助け合いう心、思いやる心」
心構え一つで、そこは天国にも地獄にもなります。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    赤鬼 (水曜日, 03 9月 2014 18:02)

    人間の心には悪と善が、有る。みんな悪を持っているが、押さえているだけなんだ。善の力で。

  • #2

    KOREA (水曜日, 03 9月 2014 18:11)

    今晩わ。9月になりました。早い。渡辺さんから来週予約頂きました。ありがとうございました。