④【落語】落語会等( ^ω^)・・色々な枕話

【連絡先】

メモ: * は入力必須項目です

妊婦さんになっていろんな音楽を聞かせたり、
スパイになっていろんな任務をしたりと大忙し!
演芸コーナーでは、友近さんが演じる数々の名キャラクターの中でも
クセの強いおじさん『西尾一男』さんの
コントをお届けします。
お楽しみに!
2024/1月1日に放送休止となった
「笑点 お正月だよ!大喜利祭り」から
お送りします!
木久扇さんをリーダーとする東の笑点チームと
桂文枝さん率いる西の人気落語家による
東西対抗大喜利
西のメンバーには、
西の下ネタ代表 笑福亭鶴光さん
笑福亭鶴瓶の11番弟子 笑福亭鉄瓶さん
顔も声もでかい 桂雀々さん
西のリーダー 桂文枝さん
阪神タイガース一筋 月亭八方さん
西のいじられキャラ 月亭方正さん
そして、演芸は友近さんの珠玉のネタ「ヒール講談」!
お楽しみに!
大喜利では、こんな木久扇さんがいたら面白いという、
「驚く木久扇」を5文字で発表。
お客さんもメンバーも笑いがとまりません。
演芸は、寄席とラジオで日々話芸を磨いている、
ロケット団のお二人です。
どうぞ、お見逃しなく!
演芸は実力派漫才コンビのハマカーン!
メガネをかけた神田伸一郎さんは
セレブタレントで知られる神田うのさんの弟。
どうやら弟もお金持ちのようです。
大喜利では、
「最後尾」の立て札を持って一言いう問題や
先日、惜しくも亡くなられた八代亜紀さんの
名曲「舟歌」から、しみじみ飲んで一言いう
問題が出されます!
お楽しみに!
六代目三遊亭円楽さん
(1950年2月8日-2022年9月30日)
落語家、俳優。
身長171cm。
東京都墨田区出身。
墨田区立両国中学校、
東京都立深川高等学校、
青山学院大学法学部卒業。
出囃子は『元禄花見踊』。
五代目圓楽一門会所属で、幹事長を務めました。
2017年6月27日から、
客員として落語芸術協会に加入し、
2つの噺家団体で活動。
長男は落語家・声優の会一太郎(落語家としての名称は三遊亭一太郎)。
また、前名は三遊亭楽太郎。
[芸歴]
1970年4月、
五代目三遊亭圓楽に入門、「楽太郎」を名乗ります。
1976年7月、二ツ目昇進。
1977年8月、 『笑点』の大喜利メンバーに加入。
1978年、
落語協会分裂騒動で師匠と共に落語協会を脱退し、
落語三遊協会所属。
1980年、
落語三遊協会解散、大日本すみれ会所属。
1981年3月、真打昇進。
2010年、 『六代目三遊亭圓楽』を襲名。
2017年6月、落語芸術協会に客員として加入。
『滝田ゆう落語劇場(全)』
滝田ゆう(ちくま文庫)
1988年9月第1刷発行
2007年12月第14刷発行
BOOK OFF
滝田ゆうのことは『月刊漫画ガロ』で知った。
水木しげる、白土三平、つげ義春らと共に、
ガロの初期より日本的な情感に溢れた作品を発表していた。
本作は、1983年に文春文庫より2分冊で刊行された。
ちくま文庫に移るにあたり、新たな古典落語3席を加え、計38席となった。
滑稽噺から人情噺、廓噺、怪談噺まで、
江戸の情景を描いた滝田ゆうの絵が良くマッチしている。
ハルカス寄席3月出演日
【場所】あべのハルカス9階「スペース9」
【枝曾丸出演日】3月7日(木)
【出演】
13:00 / まどか(浪曲)・文鹿・銀瓶
14:30 / 呂好・枝曾丸・春若
料金<自由席・税込>
1部か2部のみ / 1,500円
通し券 / 2,000円
※同日2ステージ続けて観劇する場合は2回目1,000円引き
※当日券のみ
【お問合せ】
近鉄アート館 : 06-6622-8802(11:00〜18:00 — 桂文鹿さんとあべのハルカスにいます。
『 大事なことはすべて立川談志に教わった 』
  立川談慶 ( KKベストセラーズ )

  先日、田町の本屋さんで出会ったこの本。
落語家立川談慶さんの修行時代のお話。

慶應大学卒業後、ワコールの社員として働いていたが、
3年後に会社を辞め、25歳で立川談志に弟子入り。

前座から、二つ目になるのに通常4、5年のところ、9年半。
その5年後に、真打昇進。

生真面目で、不器用でドジな著者の様々な失敗と、
談志師匠の愛情溢れる無茶ぶりが描かれた。

25時間連続で、25席を演じたり、
タップや、アカペラとの競演など新しい落語に挑戦している。

この本、思った以上に面白かった。ダンケシェーン。
《お江戸上野広小路亭 2/26》

しのばず寄席2月26日は、笑福亭鶴光師がトリ。
一門の希光さん、和光師に、三四郎師も出演し、上方色の強い顔付けになった。
月曜の昼にも関わらず、40名を超える入り。

昔、良く聴いていたオールナイトニッポンでは、「つるこうでおまっ」と言っていたが、
高座では「つるこ」と呼ぶのが正しい。
他の二人も「きこ」「わこ」。
林家つる子さんも、「つるこ」ですから、ちと紛らわしい。

活動弁士の坂本頼光さんは、「らいこう」です。初めて聴きましたが、もっと聴きたくなりました。
太福先生、小すみ先生は安定の面白さ。
バラエティーに富んだ演目を20〜30分聴かせる「しのばず寄席」。癖になりそう。

しのばず寄席2月後半 開演12:00
(前)桂しゅう治   手紙無筆
(ニ)笑福亭希光   転失気
桂三四郎      MOMO(三四郎作)
笑福亭和光     鼓ヶ滝
宮田陽・昇      漫才
立川ぜん馬     味噌蔵
仲入り
玉川太福、みね子   浪花節じいさん(浪曲)
坂本頼光       赤ずきん、血煙高田馬場(活動弁士)
桂小すみ       音曲、どどいつテイクファイブ(三味線芸)
笑福亭鶴光     竹の水仙
終演16:10 木戸銭2,500円