· 

蒼井優としずちゃん、感無量で言葉に詰まる!震災から休業していたスパリゾートハワイアンズ営業再開!

東日本大震災以降休業していた福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ(常磐興産株式会社)が10月1日、半年ぶりに営業を再開した。再開オープニングセレモニーには、同施設の誕生を映画化した『フラガール』の蒼井優としずちゃんこと「南海キャンディーズ」の山崎静代が祝福に駆けつけ、常磐興産株式会社の斎藤一彦社長らと共にテープカットを行った。 

 同施設は3月11日の震災に続き、4月11日にいわき市を襲った震度6強の直下型地震により大プールのあるウォーターパークが甚大な被害を受けて、当初目標にしていた夏の営業再開が不可能に。修復作業を行うと同時に、被災者に温泉施設を解放し、ホテルを避難所として受け入れてきた。また、施設の華であるフラガールたちは「フラガール全国きずなキャラバン」と銘打って、5月3日のいわき市内にある避難所への慰問を皮切りに、全国26都道府県から韓国ソウルまで125か所で震災復興を願っての巡業公演を行った。この日の再開も一部施設のみだが、それでも浮き輪を持った子供たちや「きずな」と書かれたTシャツを来た人たちなど約300人の観客が列を作って開場を待ちわびた。 

 オープニングセレモニーで斎藤社長が登壇すると、観客から「待ってました!」という威勢の良い掛け声が飛んだ。続いて蒼井としずちゃんが紹介されると、観客のボルテージは最高潮。映画の撮影で同施設に約2か月間滞在した蒼井は「まさかこんな日が来るとは思ってもいませんでした。わたしは福島出身ではないですが、ここを第二の故郷だと思ってますので、出来る限り皆さんの力になりたいと思ってます。微力なのは分かっているんですけど、何か力になりたい……」と一つ一つ言葉を選びながらあいさつ。しかし、後に続く言葉がなかなか見つからなかったようで「何て言ったらいいんだろう……」と迷いながら「……がんばっぺ」とハニカミながら観客に呼びかけると、大きな拍手を浴びていた。 

 続いてあいさつに立ったしずちゃんも「これからまだまだ大変だと思うけど、何かあったら言ってください。何でもします!」と力強く宣言。2人とも映画のキャスト・スタッフと共にいち早くいわき市に義援金を送るなどいわき市の方たちを案じていただけに、観客の笑顔に感無量といった面持ちだった。 

 同施設では来年1月に全館グランドオープンを目指しているが、福島第一原発事故の風評被害に加え、いまだ福島を震源地とした余震も多いことから厳しい状況が続いている。それでも斎藤社長は「(放射能の)風評被害を払拭し、ハワイアンズだけでなく福島に人の流れを作る取り組みを行いたい」と意気込んでいる。 

また、復興に向けて奮闘しているフラガールたちを4か月に渡って追ったドキュメンタリー映画『がんばっぺフラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』が制作中だったが、この日の営業再開の様子を撮ってクランクアップした。蒼井が同作品のナレーションを担当する。(取材・文:中山治美) 

 映画『がんぱっぺフラガール!~フクシマに生きる。彼女たちのいま~』は10月29日全国公開 

  

【ハワイアンセンターの思い出!!】

幼い時、1度だけ家族旅行で、ハワイアンセンターに、連れて行ってもらいました。夏休みだったので、かなり混んでいた印象があります。センターの中に入り、水着に着替えて、プールに立つと、あまりの広さにビックリしました。テンションが上がって、笑顔になったのを覚えてます。複雑な家庭環境だったので、笑顔になる時は、なかったので、自分でも自分が、不思議に感じました。当時 1泊30,000円 は、かなり高く、家族5人は、さぞ大変だったと思います。今になって親に感謝です。日頃 暴力をふるう親父も今日ばかりは、普通の親として過ごしてくれました。とっても楽しかったです。忘れられない思い出です。ハワイアンショーも、見ました。サモアファイアーダンス、フラダンス。歌謡ショー。歌謡ショーは、当時の有名な歌手が来てました。演歌歌手が、中心ですが、若手のアイドルも来てました。それだけメジャーな、施設だったんですね。まさか、後に何度も訪れる事になるとは、当時の幼い俺は、知る由もありませんでした。 

それから、15年 経って再びハワイアンズ に訪れたのは、就職したての、若造が食品メーカーの営業で、東北地区担当になり、昔の楽しかった思い出を思い出し、訪れたのでした。毎月泊まるたびに友達が増えて、仕事でも取引できる様になりました。ハワイアンズの皆様、ありがとうございました。センターの中のスナックで朝まで飲みましたね。とっても楽しかった。舞台にも出してもらいました。それだけに、フラガールの大ヒットは、本当に嬉しかった。震災は本当に悲しかった。辛かった。そして、復活して、飛び上がる程、喜びました。今は、出張する事も無くご無沙汰しておりますが、いつまでも、俺は家族だと思っています。 

- Apex product 代表 柳 伸雄-

10月29日(土) 新宿ピカデリー 丸の内ピカデリー他にて全国ロードショー】
復興支援ドキュメンタリー映画 

3.11 東日本大震災 踊る場所を失ったフラガールたちの感動の200日。

2011年3月11日に発生した東日本大震災により甚大な被害を受けた福島県いわき市。
地震、津波、原発事故、風評被害の四重苦にあえぐこの地で、東北のハワイとして長い間親しまれてきた大型レジャー施設・スパリゾートハワイアンズは、避難住民に一部施設を提供しながら営業再開に向けて動き出した。
2006年に公開された映画『フラガール』でも描かれた、フラガールたちによる全国キャラバンも46年ぶりに復活。自らが被災しながらも、踊り続けることを決意した現代のフラガールたちは、ひとりひとりが抱える事情、暮らし、思い、度重なる苦難を乗り越え、すでに復興への“次なる大きな一歩”を踏み出していた。
いわきに住む人々の姿が私たちを、そしてこの先の日本を勇気づける。彼女たちの今を伝えるために『フラガール』のメイキング番組を手がけた監督の小林正樹はじめ、ナレーションに蒼井優、音楽にジェイク・シマブクロと『フラガール』のキャスト・スタッフが作品に参加。主題歌は東日本大震災で本人も被災したRakeが、復興を象徴する歌としてベストセラーとなった「100万回の『I love you』」を提供している。
[ 2011年10月全国劇場公開 ]