【醸し人九平次 純米大吟醸 彼の地 】ありがとうございました!!柳

※ わざわざ買ってきていただきありがとうございます。

とても感謝しております。美味しくいただきました。ご馳走様でした。日本酒の冷酒は旨いですね。小野万のイカの塩辛をあてにいただきました。今後とも末永く宜しくお願い致します。柳より。

ビンテージ純米大吟醸!
『山田錦』を40%まで磨き上げた純米大吟醸です。彼の地…皆様を遥か彼方へお連れしたい、そんな思いを込めて命名しました。
五味。それは『酸味・甘味・辛味・苦味・渋み』になります。吟醸酒の場合もう1つ『香り』が入ると思います。
エレガントさをベースにして、この五味を。そして香りを入れ6味を。しっかり感じて頂きながらの、味の設計・コンセプトになります。
エレガント。それはちゃんと原料を吟味し、高精白に米を磨き、低温発酵させ搾り以降、極力人の手をいれない。
※この品に何号を入れた意図は、時の移ろいを複数年に渡りユーザーさんに楽しんで頂きたいとの思いからです。具体的にはもう1本余分にお買い求めいただき、お手元で寝かしてみるのも面白いと思います。

平成9年”醸し人九平次”という銘柄で彗星の如く現れ、スタートした若き15代目 久野九平冶さんと、同級生であり友人である杜氏の佐藤彰洋さん、ほか20代の蔵人でお酒を造る800石の蔵元さんです。お二方共に日本酒業界とは全く縁がない業種(九平治さんはモデルや劇団員、佐藤さんはエンジニア)をしていました。ある年の暮れに父と杜氏が共に病に倒れ、急きょ蔵に戻り15代目襲名。佐藤杜氏を誘い人一倍努力し現在に至ります。そんな蔵元さんは、貴賓・優しさ・懐かしさを感じていただけるお酒を造りたい 』と語ります。
仕込み水は、300年かけて沸いてくるという水を長野まで汲みに行くというこだわりです。 徹底的に神経を配り、小仕込で量より質の良いお酒に仕上がっています。お酒を搾るヤブタも、冷蔵庫に入れお酒に気を配っています。そんな若いエネルギーと努力を認め当店では応援していきたいと思ったお酒です。パリ三ツ星レストランでお取扱中の銘酒です。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    まさお (金曜日, 09 6月 2017 08:40)

    俺、酒は駄目だけど、少しなら飲んでやってもいいぞ。週末 行くからヨロシコ

  • #2

    ひろ (金曜日, 30 6月 2017 05:23)

    お前さてはァ!えなりだな。