私たちは「生まれたくて生まれてきた」

「誕生日、お母さんを選んだのは赤ちゃん」

赤ちゃんを産む時には、陣痛がある。
お母さんはこの陣痛がとても苦しい。

赤ちゃんも酸欠になって想像以上に苦しい。

陣痛が起きて子宮が動くと
赤ちゃんは首を締め付けられ
へその緒からの酸素が途絶え
酸欠状態になる。

約1分間もそれは続く。

1分たてば子宮はゆるむが
また陣痛が来れば1分息ができなくなる。
陣痛の間隔はだんだん短くなる。

この陣痛に耐えられなければ
赤ちゃんは・・・。まさに命懸け。
だからこそ赤ちゃんは慎重。
 
陣痛がおこるためにはホルモンが必要で
そのホルモンを出しているのは
お母さんでなく「赤ちゃん自身」

赤ちゃんはとても賢く自分で
「今、自分は陣痛に耐えられる体か」
を判断する。

一番いいタイミングで
自分の生まれてくる日(誕生日)を選ぶ。

予定日が過ぎても中々生まれて来ないのは、
赤ちゃん自身が
「今の体では陣痛に耐えられず死んでしまう」
と判断しているから。
 
赤ちゃんはみんな自分で判断して
自分の意志で生まれてくる。

私たちは「生まれたくて生まれてきた」

「生まれたくて生まれたんじゃない」
なんて人はいない。

誕生日、お母さんを
自分で選び、生まれた。

赤ちゃん、ありがとう
お母さん、ありがとう

著 本気で夢を叶える会

参考 ある助産師さんのお話

バカっていうのは
自分がハダカになることだ。

ただバカっつったって、
ホントのバカじゃダメなんだからな。

知性とパイオニア精神にあふれたバカに
なんなきゃいけないの。

バカボンのパパってさ、
別にラクして生きてるわけじゃないんだよ。

どうすれば家族を幸せにできるかを
考えながら一生懸命ガンバってるわけ。

リコウよりバカが英雄なのだ。

これでいいのだ。

ー赤塚不二夫ー