【どんなに立派な人でも、全ての人から好かれることはなく、どんなに嫌われている人でも、全ての人から嫌われることはない】

他人の評価は都合によってコロコロかわると分かっていても

私たちは、どうしたら相手の目によく移ることができるだろうか

ということばかり考えてしまいます。

でも、
誰からも「いい人」でいることは不可能なのです。

外ではとても社交的で、愛想がよくて元気で張りきれるけれど、家に帰ったらどっと疲れが出てしまう。こんなことはないでしょうか。

私たちはたくさんの人の中にいると、みんなによい顔をしようとしてくたびれてしまいます。

みんなに好かれようとすると、自分の言いたいことも言えなくなります。また、当たり障りのないことしか言えなくなって、結局薄っぺらい人間関係しか作れなくなります。

せっかく自分を抑えて我慢してきたのに、

挙げ句の果てには「あの人は周りに合わせてばかりで、自分の考えや意見がないね」「個性がなくてつまらないね」と言われてしまいます。

これでは、せっかく頑張ったのに、悲しい結果になってしまいます。

たしかに、みんなからいい人だと思われたいですし、自分を嫌っている人がいると思うと、とても不安になります。

でも、みんなから好かれるということは、とてもできない相談なのです。

 お釈迦さまは、

「皆にてほむる人はなく、皆にてそしる人はなし」

と言われています。

どんなに立派な人でも、全ての人から好かれることはなく、

どんなに嫌われている人でも、全ての人から嫌われることはないという意味です。
人間の好き嫌いは、その人の都合によって決まります。

自分にとって都合のよい人は好きな人、

自分にとって都合の悪い人は嫌いな人になるのです。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    グリーン (火曜日, 25 10月 2016 23:39)

    それは、全部に当てはまらない。何故なら、全員が馬鹿だと思う奴もいる。私も業界の皆んなも、全て嫌われている奴がいる。

  • #2

    ケンブリッジ建一 (火曜日, 25 10月 2016 23:40)

    そんなに嫌われている人っているんですか?