【ナイスファインプレー】江戸時代のお話です!!

江戸時代のお話です。

ある時、大名たちが集まる会議が開かれ、

その中で最も地位の高い人が遅刻しました。

最も地位が高いので、

とうぜん上座に座るのですが、

緊急な会議だった為、

順序かまわず座っていた。

一番偉い人が座る上座も若い大名が座っていたので、

その地位の高い大名は不機嫌になってしまった・・・

こんな時、

どうします?

(いや~、焦りますね~!不機嫌になっちゃってるし、顔恐そうだし・・・)

どうしましょう?

この時、

ナイスファインプレーをやってのけたのが、

松平信綱という老中!

この方、

空いている下座を示して、

「どうかお座り下さい。

我々にとってはあなたのお座りになる所が、

一番の上座なのです」

これを聞いた偉い大名は、

満足して下座に座ったといいます。

素晴らしく機転がきく方です♪

相手の気分を害さず、

相手に進言するって、

とっても大切ですね♪

人にはみな、感情ってもんがありますからね♪

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    シクラメン (土曜日, 22 10月 2016 18:01)

    上座、下座、今の人は知らないでしょ。どうでもいいからね。ご馳走になる時は、少しは考えなさいよ。腹のなかで笑われてるよ。

  • #2

    ケンブリッジ建一 (土曜日, 22 10月 2016 18:02)

    知らなくてすみません。割り勘の場合は、どこに座ればいいのでしょうか?馬鹿だからわからないよ。