[“黄色リボン”行列の正体は・宗教団体“支給日”にナゼ]

「貧困ビジネス」規制条例初適用 宗教法人に行政処分 埼玉

さいたま市は18日、無許可で生活困窮者の受け入れ施設を建設し、不当に利益を得たとして、「貧困ビジネス」規制条例に基づき、宗教法人「善弘寺分院宗永寺」(東京都足立区)に対し、新規入居者を受け入れないよう命じる行政処分を出したと発表した。処分は16日付。

 同市によると、同宗教法人は岩槻区内で都市計画法に基づく開発許可を受けずに施設を建設。遅くとも10月13日以降、生活保護受給者を受け入れて保護費などを不当徴収したとされる。同条例は平成25年10月に施行され、条例に基づく行政処分は今回が初めて。

09/14(水) 日本テレビ 【NEWSZERO】
“黄色リボン”行列の正体は・宗教団体“支給日”にナゼ

 

宗教団体がホームレスの支援を名目に住民から生活保護費を吸い上げていた疑いのあることが取材でわかった。
月に1度の生活保護費の支給日にさいたま市の区役所の前には行列ができていた。
区役所の前に止まっていたバスには宗教団体のグループの名があった。
区役所にバスでやってくる男性らは宗教団体の施設で暮らす住民たち。
区役所内では点呼が行われ厳しく管理されていた。
その後住民それぞれに渡された生活保護費が宗教団体側渡っていた。
元入居者の2人に話を聞いた。
2人は東京・新宿の公園でホームレスの時、宗教団体に勧誘され施設に入居。
宗教団体が運営する施設は埼玉県内に全部で6か所。
さいたま市などによるとそこで合計441人が生活しているという。
この施設についてNPO法人ほっとプラス・藤田孝典代表理事は「金を搾取するだけが目的だと思われても反論の余地がない」と話す。
さらに宗教団体の6つの施設のうち4つは建築ができない場所に造られた違法な建物だった。
さいたま市が施設を使わないよう指導を続けているにもかかわらず宗教団体側は一向に改善しないということもわかった。
生活保護制度の費用は税金。
さいたま市生活福祉課・遠山昭人課長は「事業者が集金を行う行為については好ましくない、不適切な行為だと考えている」と話す。
さいたま市は宗教団体の代表に面会を申し込むが一度も会えていないという。
今後事業停止の行政処分なども視野に入れながら指導を続けていく。

 

団体から入居者に月に1度配られる利用の明細書には、プレハブ3畳一間の家賃として47700円。暖房費として3080円。さらに、水道光熱費で9000円。家賃と水道光熱費合わせて5万9780円徴収される。 不満が募った横田さんと吉井さんの2人は施設を出てそれぞれアパートで一人暮らしをはじめた。新しい部屋は、駅から徒歩10分6畳1K、トイレとエアコンもユニットバスもある快適なもの。しかも家賃は4万3000円と前の施設より安い値段。地元でホームレス相談を行う団体は、岩槻区にある宿泊施設に対して「対価が高すぎて、まともな施設ではない」と話した。またこの宗教団体が運営する施設は埼玉県内の全部で6か所。埼玉県によると入居者は合計で441人が生活している。これは、埼玉県ホームレス数218人を上回り、入居者の多くが東京都内から集められたという。宗教団体の6つのうち4つは建築ができない場所に作られた「違法建築物」。さいたま市では施設の使用停止をするよう求めるが、宗教団体側は改善されないという。

違法とされる施設でどんな暮らしをしているか、施設内を外から撮影した。 午後5時すぎエプロンを着けた男性がたくさんの食事をもって食堂に入っていく。男性が合図を送ると、入居者たちが食堂へ集まっていき、元入居者の吉井さんによると食事は担当の入居者が準備するという。元入居者によると入居者の夕食は、おかず・副菜にご飯・みそ汁がつく。食事は月~土曜に1日朝夕食の2回で、月費3万円がひかれていくという。入居者の毎日の生活保護費は約13万円、そこから施設の利用費などの名目で合計9万5000円徴収されていた。残りの生活保護費は約3万円ほど、それを分割して毎日1000円がお小遣いとして渡されていたという。朝9時ころ施設に宗教団体側の男性が現れた。施設で流れた放送でぞくぞくと入る入居者たち。数分後、再び現れた入居者たちの手には千円札が握られていた。元入居者によれば、一度に金を渡さないことで、施設からの逃亡を防いでいるんだそう。こうして入居者達は、生活保護費を管理していた。宗教団体が手にするお金は441人のうち1人あたりおよそ9万5700円、入居者合計金額はひと月4220万円。年間でみると約5億円にのぼる計算。こうした事態を問題視したさいたま市では、質の悪いサービスで生活保護費から不当に利益を得る行為を規制を制定した。そして去年の11月これを適用し宗教団体たいして行政処分を行った。無許可でたてた施設に人を住まわせて金を取る行為は、不当に利益をあげる条例違反だとして、新規の入所者の受け入れ停止命令を命じた。しかし、処分の対象になったのは条例の施設後に建設された1施設のみ。他の5つの施設は条例の適応を受けず、今も新規の受け入れが続いている。

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    通りすがりの名無し (金曜日, 16 9月 2016 15:39)

    宗教団体にこそ課税が必要だ。

  • #2

    通りすがりの名無し (金曜日, 16 9月 2016 15:39)

    これは完璧に貧困ビジネスだろ
    警察何しとんねん 。

  • #3

    通りすがりの名無し (金曜日, 16 9月 2016 15:40)

    俺もNPOでなんか金儲けしようかな

  • #4

    通りすがりの名無し (金曜日, 16 9月 2016 15:41)

    宗教団体に入らないと生活保護もらえないんやろうな・・

  • #5

    通りすがりの名無し (金曜日, 16 9月 2016 15:42)

    完全に悪質なんやから団体名晒せやオラァァァン!

  • #6

    通りすがりの名無し (金曜日, 16 9月 2016 15:43)

    宗教団体は非課税だからヤクザが宗教団体を名乗ってるだけなんだろうな

  • #7

    騙しのプロ (木曜日, 29 9月 2016 19:48)

    宗教かあ。儲かるよな。俺も詐欺師やってる場合じゃないな。宗教で、ボロ儲けするか。楽して金になるからな。皆んなもやろうよ。

  • #8

    通りすがりの名無し (月曜日, 27 2月 2017 01:57)


    なんかここの知り合いの店が違法らしいっすよ。
    パパラッチ?そちらも調べてくれ
    客が皆あそこの店は違法だブラックだ言ってるぞ