TVアニメ『タイガーマスクW』2016年秋、テレビ朝日にてアニメ放送決定!

1969年と1981年にTVアニメ化され大人気となった、梶原一騎・辻なおきによる大人気プロレスコミック『タイガーマスク』。そして2016年、タイガーマスクのその後を描いた『タイガーマスクW』(ダブル)の製作が決定しました!
47年前のセル時代のアニメを現在のデジタル時代に合わせて刷新し、壮大なスケールのストーリーを新たな世代に伝えようと生まれたこの企画。初代タイガーマスク・伊達直人が残したタイガーマスクの遺産は新たなプロレスラーへと受け継がれ、復活した組織・虎の穴との新たな戦いが始まります!

現代のタイガーマスクは2人いる――!?
主人公は「東ナオト」「藤井タクマ」、2人の若きプロレスラー。
彼らは小さなプロレス団体「ジパングプロレス」の練習生だったが、「ジパングプロレス」は悪質プロレス団体「GWM(グローバルレスリングモノポリー)」に潰されてしまった。報復のためナオトは富士の裾野で訓練を受け「新タイガーマスク」となり、一方タクマは「GWM」を裏で操る組織「虎の穴」にあえて入り「タイガー・ザ・ダーク」となる。
「光のタイガー」「闇のタイガー」2人を待ち受ける戦いと友情の行方は――!?

■東ナオト(あずまなおと)/タイガーマスク
CV:八代拓21歳の青年。小さなプロレス団体ジパングプロレスの若手選手だったが、大手黒船団体GWM(グローバルレスリングモノポリー)に道場が潰されてしまう。GWMの裏に存在する「虎の穴」を倒すべく、かつて「虎の穴」に勝ったことのあるタイガーマスクになる決意をし、訓練を始める。
■藤井タクマ(ふじいたくま)/タイガー・ザ・ダーク
CV:梅原裕一郎東ナオトの友人で、同じくジパングプロレスに所属していた選手。ジパングプロレスがGWMに潰された時、父親が大怪我を負わされ、復讐を決意。自ら「虎の穴」に入り、内部から潰そうとする。「虎の穴」での過酷な訓練を受け、ついに「タイガー・ザ・ダーク」となる。21歳。
★さらに!実在のプロレスラーも多数登場!!新日本プロレスの全面協力が実現し、オカダ・カズチカ選手を始め、実在のプロレスラーがアニメに多数登場します!今後のストーリーにどう関わってくるのか、乞うご期待!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    大橋 (日曜日, 11 9月 2016)

    お前 好きだよな。学生時代 よくプロレス やってたよな。寮でさ。笑える。