「新聞配達の少年」

「新聞配達の少年」

毎朝、新聞配達をしている少年がいました。

一人のおじさんが少年に会ったので

「おはよう」と挨拶をしました。

少年は笑顔で会釈を返しました。

次の日もおじさんは挨拶をしましたが

少年は笑顔で会釈を返すだけでした。

おじさんは配達所の所長に

文句を言いに行きました。

「あの子どもは人に挨拶もできないのか!」と

怒りました。

所長は素直に謝り言いました。

「あの子は耳が聞こえずしゃべれないんですよ。

学費も新聞の奨学金でやってましてね。

家が助かってると

お母さんもよろこんでましてね。」

翌日少年が新聞を配ると、

おじさんが画用紙を持って待っていました。

そこには[おはよう◯◯君、

いつもありがとう]と書いてありました。

少年は涙をこらえながら

何回も何回もお辞儀をしました。

========================================

相手に失礼と思われることをしてしまい、

怒りをかってしまうことも・・・

その訳が分かった時、

自分のとった行動を恥じらい

そして、相手へより一層の親近感が

湧くものですよね。

こういう少年の姿には感動しますね。