【悲しい時は明るい顔を、苦しい時は楽しい顔を】

悲しい時は明るい顔を、苦しい時は楽しい顔を、そうやって人は、心に嘘をついて生きる。強がって、強がって、弱さを隠して生きる。それはたぶん、自分に負けないため。

自分の心が壊れないように、冷静に生きようとしてる。それってとても辛いことだけど、たぶん、人には必要なこと。時々耐えられなくなって、涙を流したり、本当の心を言葉にしてしまうこともあるけど、人はそうやって、強くなっていく。辛い経験だって、人には必要だったりするんだ。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ナンコツ君 (木曜日, 28 7月 2016 15:31)

    生きることは、生半可じゃ無い