【父と猫のみぃ】

【父と猫のみぃ】

父が棺おけに入った夜の悲しい話。
家族だけの最後の夜・・・。
棺おけの上にねこのみぃは乗り、一生懸命父の顔の見える扉を開けようとしていたんです。...
砂を掘るように一生懸命あけようとしていたみぃ・・・。
母と私はそれをとめなかった。
本当に一晩中みぃは父に触れたくて必死だったのだ。
私達は泣いた。猫にも最後のと分かるのだ。

父がお骨になった日の出来事・・・。
もう一生父の顔を見れなくなったあの日の事。
みぃはいなくなった
。父と一緒に行ったのだろう。
母も私のみぃを探さなかった。
父も寂しいのだろう。
みぃはついていったのだろうと。

「いつも俺の後をついてくるんだぞ。みぃは俺の護衛なんだ。」
そういっていた父の言葉を思いだした。
本当にそうだったみぃ。
本当は私達もついていきたいくらいだったんだよ。
その変わりみぃがついていってくれたんだ。

父の49日の日に猫が迷い込んできた。
みぃは女の子だったけど、男の子の猫だったんだ。
ずっとうちの前で泣いていた。
その猫をどうしてもほっておけなかった。
今もうちにいる猫ちゃん。

そういう繋がり。
大切にしていきたいんだ。

おやじ、みぃ元気にしていますか?

(泣ける話・涙腺崩壊/まとめサイトより)