盲導犬にとって、ほんの少しの自分の時間とは

朝、私が通勤する途中で見かけていた盲導犬。

交通量の多い交差点で、いつも彼が信号待ちをしている時間、

私は、
「やっぱり盲導犬は凄いなぁ。『素質』があるよねぇ」
と思いながら、ニコニコと、その横を車で通過します。

獣医といえども、盲導犬を見ることはなかなかありません。

それはとても印象的な、それでいて毎日続く、
不思議な風景でした。

出会いは、突然やってきました。

ある日、そんな盲導犬の彼が、
ひょんなことから、私の患者になりました。

盲導犬の管理は非常に厳しく、
月に一度の健康診断、爪の確認、足裏の毛刈り、
肛門腺に予防関係に・・・

とにかく、飼い主さんに危険が及ばないよう、
完璧な状況下で、任務がこなせるように、メンテナンスされています。

もちろん優秀な盲導犬。

爪切りでも、自分から足を差し出すほどで、
全ての診察は、非常にスムーズに進みます。

ところがある日のことでした。

れは、正確に体重を測ってみましょうか・・・
と盲導犬の補助器具を、全て外したときのことでした。

彼は一目散に、病院を駆け巡りました。

そして、病院内の看護師、獣医ひとりひとりに挨拶をするように、
じゃれて、グルグル回ります。

伏せをしたと思いきや、跳びかかってきて、
また次の人間のところへ・・・

そう、これが彼の本当の姿だったのです。

本当は、人間と一緒に、
思い切り遊びたくて、走り回りたくて、
普通の犬としての暮らしに憧れを持っていた、

そんな彼に与えられた使命、

盲導犬。

長い間、ずっと抑えていた感情だったのでしょう。

そんな彼の本当の姿を露わにした原因、

それは・・・

間違いなく、彼につけられていた補助器具でしょう。

それを付けている間、彼は「プロ」なのです。

何があっても、飼い主さんを守り、
自分の使命を果たさなければなりません。

飼い主さんの、

「いつもごめんなぁ・・・ごめんなぁ。
 先生、少しだけ、
 この子を自由にさせてあげてもよいでしょうか?」
という言葉が、重く心に残っています。

飼い主さんは、
きっとこの子の気持に、ずっと気づいていたのでしょう。

信頼で結ばれた強い関係。

本当は遊びたいし、走りたい・・・

けれども誇りを持って、
毎日仕事を続ける盲導犬に、
強く感銘を受けることとなりました。

それから・・・

今でも、毎朝彼の姿を、交通量の多い交差点で見かけます。

しつこいですが、
『素質』などと安易な言葉で、彼を評価していた私自身に、
今でも苛立ちを隠せません。

そんな簡単なものではないのです。

彼は毎月、病院に来た時だけ、補助器を外し、
ほんの数分だけ、みんなに挨拶しに行く、
それだけの自由を与えられています。

私たちも精一杯、彼と挨拶をします。

犬は本当に凄いです。

獣医になって良かったと思います。

出典: 2ch 「涙が出るほどいい話」より