【すべてがあなたを決めている すべてがあなたにちょうどいい】

お釈迦様の言葉に、
このようなものがあります。
 
 
すべてがあなたにちょうどいい。
 
 
今のあなたに今の夫がちょうどいい。
 
今のあなたに今の妻がちょうどいい。
 
今のあなたに今のこどもがちょうどいい。
 
今のあなたに今の親がちょうどいい。
 
今のあなたに今の兄弟がちょうどいい。
 
今のあなたに今の友人がちょうどいい。
 
今のあなたに今の仕事がちょうどいい。
 
 
すべてがあなたにちょうどいい。
 
 
自分の思いどおりにならない社員に対して、
ひどく怒ったり、怒鳴りつけたり、
威張ったりする社長がいるとします。
 
 
そのような社長が、私に
 
「社員が自分の思いどおりにならない。
 
 どうして思いどおりに動かないんだろう。
  
 どうしたら、自分の思いどおりに
 
 動くようになるか」
 
と相談に来ることがあります。
 
 
 
私は、そのような質問を受けたときは、
今書いたようなお釈迦様の
「ちょうどいい」
という言葉の話をします。
 
 
「すべてがちょうどいいのだそうですよ。
 自分の思いどおりにならない
 社員に対して怒鳴ったり、怒ったり、
 威張ったりしていませんか?」
 
と聞きますと、
 
「それは、ときには
 そうしないといけない」
 と話されます。
 
 
でも、それは違うらしい。
 
 
怒鳴ったり、怒ったり、
威張っている人のもとには、
そのような社員しか集まってこない。
 
 
反対に、どんなことに対しても
笑顔で、にこやかに、温かさを持って
接することができる人は「人格者」であり、
 
「人格者」のもとには、
にこやかで楽しい人が集まってきます。
 
 
「私」がすべてを決めています。
すべてが自分にちょうどいいのです。
 
 
「私は会社を辞めたいと思っている。
 うちの会社はこうで、専務はこうで、
 社長はこうで、部長はこうで、
 どうしようもない。嫌になる」
 
 と話す人が結構います。
 
 
そういうとき、私は次のように話します。
 
 
「あなたの言っている上司や会社は
 たしかにそうかもしれません。
 100%正しいことを誇張なく
 言っているのかもしれませんが、
 あなたはその会社で給料をもらって、
 それで食べているのですよね。
 
 
 自分の生活を成り立たせてくれる
 会社や上司に対して、
 そういう愚痴や悪口を
 平気で言えるあなたは
 どうしようもない社長、専務、部長と
 同じような、どうしようもない
 社員なのでありませんか?」
 
そう言われてショックを感じつつも、
ハッと気づく人がいます。
 
 
つまり、人の悪口、
会社の悪口を言っている
というのは、実は、
全部自分を暴露していること
にほかならないのです。
 
 
「 小林正観 」
 

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    (土曜日, 20 2月 2016 11:57)

    ちょうどいい。あきらめた意味ではないんですね。感謝。

  • #2

    吉田 (日曜日, 21 2月 2016 17:09)

    今が、最高です。ちょうどいい。私は幸せです。勿論辛い事や苦しい事はありますが、そんなのは皆んなありますよね。当たり前。口で言える程度の事は苦労じゃないので、
    だから、私は幸せなんです。
    皆様、ありがとうございます。

  • #3

    朱美ちゃん (日曜日, 21 2月 2016 22:36)

    私 お坊さん好きです。

  • #4

    岡本一志 (月曜日, 22 2月 2016 08:46)

    柳さん
    久々に愛知県でのセミナーを開催します。
    メールの最後にご案内しています。

    さて、今日は、前回のメールでも、
    お話ししましたブッダの教える
    正しい行動原理とは何なのかをお話しして
    行きたいと思います。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    運命の原因と結果の法則を明らかにされたのが仏教
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ブッダの教える正しい行動原理は、
    因果の道理(いんがのどうり)といわれるものです。

    因果とは、原因と結果ということですが、
    ブッダの教えた因果の道理とは、
    私たちの運命の因果について明らかに
    されたものなのです。

    私たちは、みんな幸せになるために生きて
    います。

    苦しむために生きている人はだれもいません。
    では、
    私達の幸せや不幸せという運命は何によって
    決まるのでしょうか?

    私たちに取って一番知りたい
    運命の原因と結果の関係を明らかにされたの
    が仏教の因果の道理です。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    自分の行いが自分の運命を生み出す(自業自得)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    私の運命の原因はどこにあるのでしょうか?

    ブッダは、私の運命の原因は、私自身の業(ごう)
    にあると教えます。

    業(ごう)とは行いのことを仏教で、
    業と言います。

    自分の行い(業)が自分の運命を生み出している
    のだよと言われているのです。

    このことを、自業自得(じごうじとく)と言います。

    今日、自業自得というと、
    悪い結果が起きたときに、それが、本人の行いの
    結果だと明らかな時に、
    「それはあなたの自業自得でしょ」と使います。

    ところが、本来は、
    善いことも、悪いこともすべて、自分の行いが
    生み出した結果ですよというのが、
    自業自得の意味なのです。

    「一生懸命、努力工夫して、売上げがあがった!」

    これも、本人の努力(業)が売上げアップを生み出したので、
    自業自得です。

    「食生活が無茶苦茶で、体調を崩してしまった。」
    これも、無茶苦茶な食生活というその人の行いが、体調を崩す
    という結果を生み出したので自業自得です。

    自業自得とは、自分の行いの結果を自分が
    得るということです。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    行いといっても三つの方面から仏教では見られます。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    仏教では、
    行いが運命を生み出すと説かれますが、
    私たちの行いを、体の行い、口の行い、
    心の行い、の三つの方面から見られます。

    体の行いを、身業(しんごう)といいます。
    口の行いを口業(くごう)といいます。
    心でいろいろと思うことを、
    意業(いごう)といいます。

    三つまとめて、
    身口意(しんくい)の三業(さんごう)
    と言われます。

    私たちの行いは、体でやるか、口で言うか、
    心で思うか、のいずれかしかありませんから、

    身口意の三業で、
    私たちの行いのすべてということです。

    朝起きて、掃除をする。
    会社に行って、上司に挨拶をする。
    感謝の気持ちを持つように心がける、
    などなど、自覚する、しないに関わらず、
    私たちは、体と口と心で、
    様々な行いをしています。

    一言で行いといっても、
    体と口と心の行いがあるのです。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    上手くいかないときは自分自身の行いを振り返ってみて下さい
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    上手くいかない時は、心をしずめて、
    自分の行いを振り返ってみて下さい。

    ●体の行い・・・

    生活リズムや食生活が乱れていないか?
    お店の掃除や整理整頓などがいい加減になって
    いないか?

    ●口の行い・・・

    一方的に自分の事ばかり話しすぎていないか?
    自慢話ばかりになっていないか?
    ことさらに相手を悪く言ったりしていないか?

    ●心の行い・・・

    恨みやねたみや怒りで一杯になっていないか?
    自分の事ばかり考えて、自己中心的になっていないか?
    自分は駄目なんだと自分を責めすぎていないか?

    など、上手くいかない原因が、自分自身の行いにも
    思い当たるはずです。

    そして、自分の考え方や行いを少しでも、
    よい方向に変えていけば、必ず、結果は変わっていきます。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    あなたの運命の主人公はあなたです
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    自分の行いが自分の運命を生み出している
    と聞くと、ずしんと重い責任を感じてしまうかも
    しれません。

    しかし、この自業自得ということは、
    言い方を変えれば、あなたの運命の
    主人公はあなた自身ですよということです。

    あなたの人生という船旅の船長は
    あなた自身ですよということです。

    なぜなら、
    あなたの行い次第で、
    あなたの人生を変えていくことができるからです。

    毎日の行いを少しだけ、
    丁寧にしていきましょう。
    ちょっと心がけを変えるだけで、
    口調が優しくなったり、柔らかい物腰になるものです。
    また、気持ちも、明るく前向きになりますから、
    結果も必ず変わっていきます。

    さて、講座ではこの仏教の教えを詳しくもっと
    実践的にワークを通してお伝えします。

    仏教を学ぶことで、あなただけでなく、あなたの大切な人の
    苦しみ悩みに答えることができるようになります。

    久々に愛知でのご縁です。是非お越し下さい。
    お申し込みは以下のULRからお願いします。


    ■2月27日(土)岡崎 昼 仏教カウンセリング入門講座 

    http://www.kokuchpro.com/event/66f12084c60b47573aa5ad926ed612ac/

    ■2月27日(土)一ノ宮 夜 幸せのタネをまくと幸せの花が咲く

    http://kokucheese.com/event/index/375342/

    ■2月28日(日)金山 夜 幸せのタネをまくと幸せの花が咲く

    http://kokucheese.com/event/index/375337/











    ----------------------------
    ┌──┐
    │\/│
    └──┘
    発行:岡本一志
    目からウロコの東洋哲学
    facebook:https://www.facebook.com/okamonn

  • #5

    よしだ (火曜日, 23 2月 2016 15:23)


    リスクがまったくなく、リターンを人一倍欲しい人間が多い。そんなにおいしい話は世の中に無い。自分がそんなに大物なのでしょうか❓それとも何もしないで生活させてくれる人間でも出てくると願っているのでしょうか❓それは宝くじを毎回買うのと同じ。他力本願。自分で何か行動しないで小判鮫の様に人についていれば食えると思っている人間。本当に自立しないと、生きて行けない。そう思いますよ。頑張れ立ち上がれ1人で。男の意地を見せてみろ。

  • #6

    名無しさん@馬鹿野郎様 (木曜日, 25 2月 2016 08:21)

    曜日, 25 2月 2016 07:42)
    大学でたって馬鹿だから、パッカー、アームロール、買って産廃業者 気取っても所詮はゴミやですから、残念。頭良く見せてもお前を信頼する人は誰もいないだろう。無念。

  • #7

    昭和の虎 (月曜日, 26 9月 2016 21:38)

    ちゃんとした人間は、己の昔の話しなんかしない。未来の話をする。チンケな奴ほど、武勇伝を言い、悪ぶったりする。気持ち悪いから、ほざくな。文句があったら俺に言え。昭和の虎だ。