「清原逮捕…?」大御所ビートたけしが遂に口を開いた!その内容に共感と称賛の声

世間に大きな衝撃を与えた清原容疑者逮捕の騒動。
 
多くの著名人がそのことについてコメントを求められる中、ついに大御所ビートたけしさんが口を開きました。
 
その声を露わにしたのは今月13日放送のTBS系情報番組「新・情報7daysニュースキャスター」でのこと。
 
そのコメントのキッカケとなったのは、同日に巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(79)が宮崎キャンプを視察した時のこと。
 
清原容疑者が現役時代に関わりが深かった人物として、報道陣は長嶋さんにコメントを求めました。
 
しかし長島さんは言葉に詰まり、「んんん…」と無言を貫いてキャンプ地を後にしたとのこと。
 
これについてたけしさんは、「長嶋さんにそういうバカなこと聞くなよ。ふざけやがって」と怒りを露わにしたコメントをしたのです。

たけしさんがこれだけ怒りを露わにしたのは、たけしさん自身かなりの野球ファンとして知られ、その中でも昔から憧れで、一番好きな選手として挙げているのが長嶋さんだったことも影響しています。
 
そのたけしさんの長嶋さんへの熱い想いは、昨年末に発売されたビートたけし著・「野球小僧の戦後史」の中でも伺うことができ、その想いはこんな言葉で表現されていました。
 

「俺個人としては日本のプロ野球が大人気で全員がスターだった時代の、さらに飛び抜けた人なの」

 

「今はAKB48の総選挙とかで人気投票をやっているけど、長嶋さんはダントツの一位であって、投票すらできない」

 
これだけ長嶋さんへの想いが強いたけしさんは当然、長嶋さんと清原容疑者の深い関係を知っています。

清原容疑者がかつて所属していた読売ジャイアンツで監督を務めていた長嶋さん。
 
清原容疑者が憧れの巨人へ西武からフリーエージェントで移籍した際に迎え入れたのも長嶋監督でした。
 
そして先月行われた「名球会ベースボールフェスティバル2016」に出場していた清原容疑者。
 
そこで長嶋さんに「清原!元気にしてるか!何時も君の話をしていたんだ!」と話しかけられ、頭が真っ白になった。
 
そして長嶋さんから手を差し出され、両手を出すと左手で右手をつかんで引き寄せられ、耳元で「君はまだまだ若い。頑張るんだぞ!」と力強い激励を受け、”自分の事を気にかけて頂いていた…”と思わず涙が出るのを必死で我慢したと先月自身のブログ上でその想いを告白していました。
 
そんなやり取りがあってから間もなくしての清原容疑者の逮捕。
 
これには最近の清原容疑者のことを心配し、気にかけていた長嶋さんが言葉を詰まらせるのも無理はありません。
 
そんな長嶋さんの心情を察しての、たけしさんの一言。
 

 
「長嶋さんにそういうバカなこと聞くなよ。ふざけやがって」
 

 
この一言にたけしさんの全ての想いが詰まっていたのですね。
 


Writing by Y.sato of cadot

 


出典:yahooニュースexciteニュース


画像引用元:http://芸能界裏話.jp/archives/1921http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160208-53192616-asagei