【カラスとAちゃんのおにぎり】

【カラスとAちゃんのおにぎり】

以前、中学の友人たちで夏休みになると毎年、川辺でバーベキューをしていた。
肉が焼ける頃にカラスが狙って飛んで来た。
一度取られ、二度目にまた飛んで来たら、友人のAちゃんが思わず伸ばした手でガシッとカラスを捕まえた。そして一言「食べたらメ!!」
そう言うと「お腹空いてるならこれあげる」とアルミホイルからおにぎりを取りだし、カラスにあげた。

するとしばらくしてカラスが具合悪そうにピクピクしはじめた。
それで思い出したのが、Aちゃんが見た目は最高、味は最低な料理を作ること。
「おいしそう」とつまみ食いしてひどい目に遭った家庭科をみんな思い出した。

翌年、またその川辺でバーベキューしたが、
飛んで来たカラスがAちゃんがいるのを見ると逃げて行った。
それがあのカラスか別かは不明

しかしおかげでカラスの被害もなく毎年、楽しんでいた。
Aちゃんが結婚すると聞いて思い出したこと
Aちゃん・・味が見た目に追い付いたかな