失敗と書いてせいちょうと読むby野村克也

倒れるときは、堂々と倒れればいい。

大事なのは、その後なのだ。

「どう」立ち上がるかなのだ。

人間、倒れずにして「何」がわかる。

少なくても、倒れた経験をもたぬ人間に、

倒れた人間の気持がわかるか。

より肝心なのは、全力で生きること。

身も心も惜しまず、力を出し切ること。

そういう全力疾走者は必ず転ぶ。

そうしたら、立ち上がればいい。

また、倒れたら、再び立ち上がればいい。

倒れる度に、強くなり、大きくなり、成熟していけばいい。

倒れることを怖れる人間に何ができる。

--------------------------------------------------------------------

私も失敗ばかりで倒れる事が怖くなりました。

何度でも立ち上がって強くなり成長していけるよう
努力を続けます・・・・・