浜田省吾『NHK紅白』に急浮上 究極のサプライズ 関係者「手応え十分」 

今年の大みそかの「第66回NHK紅白歌合戦」で、サプライズとして歌手、浜田省吾(62)と出演交渉していることが15日分かった。“ハマショー”はいまだ紅白出演のない大物のひとり。正式に出場が決まれば、戦後70年の特別企画枠で長崎から生出演するMISIAと並び、故郷の広島からの生中継となり、話題性も抜群だ。

 今年は、昨年の中島みゆきやサザンオールスターズ、中森明菜といった“目玉”がない中、戦後70年企画としてMISIAの出演が決定。しかし業界内では「前回のアフリカ中継に比べたら弱い」との声があり「目玉は案外、小林幸子かも」とささやかれる始末。歴史的な“シラケ紅白”になりつつあったが、究極の“隠し玉”が浜田のサプライズ出演だ。

 NHKは、戦後70年企画として浜田に白羽の矢を立て、広島から浜田、長崎からMISIAという“Wサプライズ”を準備。現時点で浜田は「全く考えていない」とされているが、NHK関係者は「手応えは十分。可能性はある」。所属レコード会社も、浜田への説得を続けているという。

 浜田は今年、ロックバンド、愛奴(アイド)でのプロデビューから40年目。来年はソロ・デビュー40周年を迎える。それに合わせ、オリジナル・アルバム「Journey of a Songwriter~旅するソングライター」も発売。

 さらに“還暦”になって初の全国ツアーを約3年ぶりにスタート。全国ツアーの東京公演は「紅白」の舞台である東京・渋谷のNHKホールで行われた。今年は26日の広島公演で終了する。

 「浜田にとって、『紅白』に出るタイミングは今年。それは浜田本人も十分に分かっているはず。あとは出演するための自分を納得させる理由。いずれにしても年末はスケジュール的にも出演は十分ある」と浜田を知る音楽関係者。

 今年9月には、NHK総合「SONGS」にも出演したが「実は『SONGS』は、浜田の意向を盛り込んで作ったと聞いています。出演させたいNHKと利害が合ったとはいえ、浜田にとってもNHKを全く無下にできないはずです」とプロダクション関係者。

 別の視点から、浜田出場の可能性を語る人も。「浜田の父親は、広島の原爆投下当時、救援に入り二次被爆者となった。それもあって彼の音楽性は反戦、反核。だからこそ、浜田にとって戦後70年の今年は意味深いはず。『紅白』という場で広島から平和を世界に訴えるチャンスだと思っているはずです」と音楽評論家は話す。

 すでに歌う楽曲も想定されている。浜田の代表作「J.BOY」と、最新アルバムに収録された「光の糸」だ。

 〈波打ち際 跳ねる子ども達の笑い声に包まれ このかけがえのない静かな世界を 守ることを誓う 心に強く〉(光の糸)

 歌詞に込められた浜田のメッセージは、広島から響き渡るのだろうか。