【 太宰 治 】

人間は不幸のどん底に

つき落とされ、

ころげ廻りながらも、

いつかしら一縷(いちる)の希望の糸を

手さぐりで捜し当てているものだ。

太宰治