記録的豪雨から一夜 漂着ごみ「想像以上」 漁業関係者が対応苦慮 銚子

茨城県で鬼怒川の堤防が決壊するなど甚大な被害をもたらした記録的な豪雨から一夜明けた11日、銚子市の利根川河口には、上流から流れてきた枯れ枝やペットボトルなど大量のごみが漂着して川沿いの漁港施設内の水面を覆い、漁業関係者らが撤去作業に追われた。「想像以上の量」(関係者)で漁船が接岸できず、水揚げにも影響が出ている。週明けの水揚げ再開を目指すが、今後も漂着は続く可能性があり、頭を悩ませている。

 漂着ごみは、主に同市本城町の船着き場や銚子大橋下の学校給食センター付近河岸、銚子市漁協事務所がある利根川最下流の第3漁港内に滞留している。

 特に同漁港は堤防で囲まれ行き止まりのようになっており、過去にも漂着ごみが集積する場所になっている。漂着ごみは、漁港奥に停泊している銚子海上保安部の巡視船「つくば」「とねかぜ」を取り囲み、漁船は市場前に接岸できず水揚げに支障が出ている。

 この日、第2漁港では漁船に絡まった漂着ごみの撤去作業が行われた。漂着ごみを吸い込む可能性があるためエンジンを掛けられず、漁協職員や漁業関係者約60人が道具を使い手作業ですくい上げるなどした。漁協職員の一人は「ごみを取っても、またたまっていくだけだろう」とため息をついた。

 撤去作業を行う県銚子漁港事務所によると、ごみの量は6300立方メートル(11日正午時点)ほどと見込まれるが「上流の状況からもっと増える可能性がある」。重機で陸上から漂着ごみをすくい上げる作業を12日から始める。作業期間は未定だという。

 同漁協の坂本雅信組合長は「月曜日(14日)には水揚げができるようにごみの撤去作業をお願いした。河口にある漁港の宿命だが、この量は思ってもいなかった。利根川があるから銚子沖が良い漁場になっているし…」と、普段は恩恵を受けている川に対し複雑な心境をのぞかせた。

最終更新:9月12日(土)11時28分

ちばとぴ by 千葉日報

※ 銚子の皆さん 大変ですが、頑張って下さい。

  今週末にみんなで応援に行きますから無理しないで

  お願い致します。Apex 一同 より

千葉県内の住宅61棟浸水 がけ崩れ、道路冠水 鉄道ダイヤ乱れ、76校休業 関東記録的大雨

千葉県内も9日夜から10日午前にかけて猛烈な雨となり、けが人など人的被害はなかったが、県西部を中心に住宅61棟で床上・床下浸水の被害があった。県市道4カ所でがけ崩れが起き、35カ所の道路が冠水。通行止めとなった。鉄道は小湊鉄道が始発から終日、いすみ鉄道が始発から夕方まで運転を見合わせ、JR武蔵野線、京葉線は早朝にダイヤが乱れた。県内の公・私立学校76校が休業した。

 銚子地方気象台は、9日午後9時8分に野田市で土砂災害警報を発令、10日未明から早朝にかけて千葉市などにも順次発令した。県内の雨量(10日午後4時現在)では、我孫子市の24時間雨量145ミリ、市原市牛久の1時間雨量49ミリが、いずれも9月の観測史上最大を記録した。

 佐倉市(39カ所)など21市町141カ所に避難所が開設され68人が避難。住宅被害は、一部破損1棟(市川市)、床上浸水10棟(野田市、市川市、銚子市)、床下浸水51棟(松戸市、野田市、市原市、栄町、市川市、銚子市)と県西部に集中。

 道路のがけ崩れは県南部の県市道であり、南房総市、大多喜町、館山市、君津市で通行止め(一部含む)になった。市川市、市原市など7市の35カ所で道路が冠水。市原市など3市の6カ所で土砂崩れがあった。市原市では水路があふれた。

 鉄道では、JR武蔵野線が雨量計が規制値に達し午前3時45分に新松戸駅~西船橋駅間で速度を落とし運行、始発から京葉線との直通運転を中止し、西船橋駅での折り返し運転を行った。計44本が一部・全線運休し、乗客1万4千人に影響が出た。東武野田線は早朝に一部路線で運転を見合わせた。

 小湊鉄道は高滝-里見駅間で土砂崩れが確認され、上総牛久-上総中野駅間は始発から全線で運転を見合わせた。沿線で落石、盛り土の流出、枕木の露出もあり、同社は代行バスを運行して対応した。11日に五井-里見駅間で運転再開を目指すが、里見-上総中野駅間については「月内に復旧できるかどうか」(同社)という。いすみ鉄道は、大雨で始発から全線で運転を見合わせ、午後5時半ごろ運転を再開した

 NEXCO東日本によると、圏央道の市原鶴舞インターチェンジ(IC)-木更津東IC間、茂原長南IC-市原鶴舞IC間、木更津東IC-木更津ジャンクション間が未明から正午前にかけて通行止めとなったが、いずれも午後5時15分に解除された。

 県内の小中高・特別支援学校は計76校が休業した。県教委学校安全保健課などによると、公立の小中高・特別支援学校は市原、市川、成田市など計44校が休業。浦安、佐倉市などの計88校が登校時の安全確保のため始業時間を遅らせる「一部休業」とした。県学事課によると、私立学校では小中高校の計32校が休業、計17校が一部休業とした。

◆市川545世帯に避難指示

 市川市では10日午前6時すぎ、がけ地で土砂災害の危険が高まったとして、545世帯1319人に対し、避難指示が出た。自宅の2階や近くの避難所へ避難するよう呼び掛けがあり、市内の避難所に計16人が一時避難した。

 国分川、春木川、大柏川が氾濫危険水位に達したため、周辺の1万9122世帯4万4460人に避難勧告が出された。

 同市を流れる真間川は危険水位には達しなかったものの、水位が上昇。立ち止まって、心配そうに川を見つめる通行人の姿が見られた。様子を見に来た近くの女性店員は「いつもは階段で下のデッキに降りられるが、今日は階段まで水につかっている。こんなに水位が上がるのは珍しい」と不安げに話していた。

 鎌ケ谷市でも102世帯206人に避難指示が出た。

見舞金対象2棟のみ 突風被害「半壊」に3万円 千葉市

 6日夜に千葉市中央区で発生した竜巻とみられる突風で被害のあった建物77棟のうち、市の災害見舞金の支給要件を満たす「半壊」した建物は2棟にとどまる見通しであることが市の調査で分かった。「全壊」はなかった。

 災害見舞金は建物が「半壊」の場合3万円、「全壊」の場合5万円が市から支給される。損壊部分が延べ床面積の20%以上70%未満だと半壊、70%以上だと全壊と認められる。20%未満の「一部損壊」では支給対象にならない。

 中央区役所地域振興課によると、半壊と認められる2棟はともに同区今井地区の戸建て住宅。屋根が全て損壊しているという。該当の住民から支給申請はまだ出ていない。

 市には見舞金の他に金銭的な支援策はないといい、同課の担当者は「ブルーシートや土のうの貸し出し、がれき処理の支援などを行っているので、活用してほしい」と話す。