【 優しさをありがとう 】

【 優しさをありがとう 】
 
 
二度の脳梗塞(のうこうそく)で...
 
重度の障害が残った夫は、
 
狭心症(きょうしんしょう)の発作を
 
くり返しながら自宅療養を続けている。
 
 
 
そして、人との接触を求めて、
 
ときおり外出もする。
 
 
 
冬の一日、急に思い立って
 
遊園地に行った。
 
 
 
広場の隅に車椅子を止め、
 
私は傍(かたわ)らに
 
立って元気に走り回る
 
子どもたちを見ていた。
 
 
 
思ったより寒く、
 
早く帰らねばと思った。
 
 
 
そのとき、
 
広場に歓声があがった、
 
ドナルド・ダックが現れ、
 
子どもたちが
 
どっとかけ寄ったのだ。
 
 
 
ところが、
 
そのあひるさんは
 
子どもたちをかき分けて、
 
どんどんかけて
 
こちらへ近づいてくる。
 
広場の隅にいる私たちのほうへ...
 
 
 
そして、車椅子に乗った
 
夫の前に来ると、
 
大きく一礼して、
 
大きな手で夫の背中を
 
撫(な)でてくれた。
 
 
 
二度、三度。
 
 
 
突然のできごとに、
 
私たちも周りの人も驚いた。
 
 
 
夫の背中を撫でて、
 
今度は私の腕をさすり、
 
両手で包み込んでくれる。
 
 
 
大きな白い温かい手で...
 
優しさが老いたふたりを包み、
 
その温かさが周りに広がって
 
見ていた人たちの
 
あいだから拍手が起こった。
 
 
 
夫の顔を見ると、
 
涙がほろほろ頬(ほほ)
 
に伝わっている。
 
風の冷たさを忘れた。
 
「優しさをありがとう」
 
と言うのが、精一杯の感謝の言葉。
 
 
 
あひるさんは
 
ウンウンとうなずいて、
 
もう一度夫の背中を撫でて、
 
子どもたちのほうへかけていった。
 
 
 
出典:涙が出るほどいい話
 
出版:河出文庫