俳優の今井雅之さん死去 54歳 末期がんを公表 

 大腸がんで闘病していた俳優の今井雅之(いまい・まさゆき)さんが28日未明、東京都内の病院で死去した。54歳だった。通夜、葬儀は近親者のみで営む。後日、お別れの会を開く予定という。

 兵庫県生まれ。陸上自衛隊を経て俳優の道に進み、テレビ、映画、舞台などで活躍した。代表作の主演舞台「THE WINDS OF GOD」では原作・脚本も手がけ、91年度の文化庁芸術祭賞(演劇)を受賞。漫才師が過去にタイムスリップし特攻隊員となって生きる物語で、ライフワークとして取り組んだ。96年には、映画「静かな生活」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受けた。

 昨年、大腸がんを手術し、治療を続けていた。4月21日に「THE WINDS~」の降板を発表。所属事務所などによると、同30日に記者会見で末期がんと明かし、「(2月の)会見で腸閉塞(へいそく)だとウソをついたことはすいませんでした」と謝罪、「あの時は絶対に(舞台に)立てると思っていました。役者が舞台をおりるのは本当に悔しい」と声を振り絞った。

 代役を立てた東京・新国立劇場での公演最終日の今月5日、舞台にかけつけ、「病人としてではなく役者として立ちたかったです。役者人生を充実できるようがんと闘うつもりです」とあいさつした。一貫して復帰への強い意欲を見せ、治療やリハビリに励んできたが、容体が急変したという。

 今月末、「THE WINDS~」の全国巡演の最後となる沖縄公演が予定されている。出演中のお笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤さん(42)は「今井さんの想(おも)いを胸に、最後まで舞台をつとめ上げます。『(公演を)最後まで頼むぞ』と託された時の声が忘れられません」とコメントした。

梅沢富美男さん「惜しい役者を亡くしました」

 テレビ番組で共演した梅沢富美男さんの話 義理人情に熱い男で、「戦争はダメなんだ」「命を大事にしなくちゃいけない」と言い続けていた。白黒はっきりつけるタイプで、負けず嫌い。でも負けた時には恐れ入りましたって頭を下げられる男でした。頑張って生きるのが彼のお芝居の大事なテーマだったのに、なんで急に逝ってしまったのか。残念で仕方がありません。惜しい役者を亡くしました。


謹んでご冥福をお祈り申し上げます。吉田