【辛く苦しい時代】吉田哲

今でも、後悔と懺悔の日々です。本当に、あの時は申し訳御座いませんでした。私の不徳の致すところです。今後は、己の身の丈をわきまえて生きて行きます。お店に関わった皆様、本当にありがとう御座いました。お幸せにお暮しください。