震災からまもなく4年、三陸鉄道(さんてつ)久慈駅から卒業生に宛てたメッセージが感動的

ドラマ「あまちゃん」のロケ地としても使われた、三陸鉄道(さんてつ)の久慈駅。そこに置かれていたメッセージボードがステキだったと話題になっています。

【「あまちゃん」のロケ地としても使われた久慈駅】

 写真を投稿したのはTwitterユーザーの@genking3さん。「北三陸のアイドルの君たちへ」から始まるメッセージボードには、「あの日、津波に流された人を見たんじゃないかと君達のことが心配で……高校に入学したら、友達と笑顔で通学してくれるように心から願っていました」「さんてつの通学は朝が早くて大変だったでしょう(略)。君達の笑顔が心の支えです。本当にありがとう」など、今年高校を卒業する学生たちに宛てた感謝の言葉が書かれていました。そういえば、震災からまもなく4年ですから、あのときの中学生がもう高校を卒業する年になったんですね……。

 @genking3さんによると、メッセージは久慈駅の副駅長によるもので「ボードを見ていく高校生を見ては、ほほえんでいらっしゃる様子だそうです」とのこと。ネットではこの心温まる贈り物に、「目から汁が……」「ぐっときた」「三鉄に、地域に愛された若者たちが大きく羽ばたきますように」など、心揺さぶられる人が後を絶ちませんでした。

最終更新:3月1日(日)20時1分

ねとらぼ

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    京人参 (火曜日, 03 3月 2015 04:21)

    あっと言う間やな。四年早いわ。まだまだやな。何年経ってもあの時の事思い出してしまうんやろなぁー。