割烹・小料理屋【月譚庵 (げったんあん)】鼠小僧ZERO吉参上!!

新千葉の住宅街にひっそりと佇む小さな一戸建。知らなければ絶対に入れない、異邦人を拒否する店構え。大将の気持ちが溢れる建物。千葉では珍しい完全予約制。季節の料理コース1種類のみというのが潔い。予約の電話をすると、大将か女将が、名前を覚えていてくれるのが嬉しい。知らない客からは予約を取らない。空いていても「忙しいと料理がうまく出せない」とお断り。職人気質で素敵な夫婦2人の店。


場所は新千葉の昔からの住宅街。登戸小から新町側に降りて行く坂を左に入った公園の先にある。今でこそ高層マンション街の外れだが、40年前の新興戸建住宅街、その真ん中あたりとなる。JR千葉駅西口からも徒歩数分。

外観は小さくモダンな一戸建。知らない人を拒否する開口部のほとんどない外観。入口のドアを開けるのを躊躇する。

インテリアも外観同様、小さくシンプル、小じんまり纏まった割烹。カウンター数席が中心で、これもこじんまりしたテーブル席が1つのみ。2人使いがお奨め。カウンターは近所の引退した品の良い夫婦など、常連の指定席。4、5人の宴席なら、2階のフローリングの座敷を使わせて貰える。


料理は季節の料理コース1種類のみ。予約時に予算を聞かれる。例えば6千円でも素晴らしいコースを組み立ててくれるが、金額がそのまま素材に反映されるので、もう少し奮発することをお勧めする。食事で出る季節の炊き込みご飯が絶品。予約時に炊き込みご飯を沢山食べたいと言っておくと、お代わりができるほど用意してくれる。今回はグリンピースの炊き込みご飯。


日本酒も、ボトルは黒龍純米吟醸1種類のみと言ういさぎの良さで、逆に気持ちが良いほど。料理中心のコンセプトがはっきりしている。


≪今回の料理≫

季節の料理コース


先付 土筆 湯葉 白魚

先付 蛍烏賊と山菜の酢味噌和え

先付 前菜の七種盛り


椀物 茗荷と白身魚

向付 鯵のたたき

向付 お刺身の五種盛り


強肴 筍と鯛の煮物

鉢肴 ズワイ蟹と鰤の焼き物

止め肴 蓬の味噌田楽


和牛ヒレステーキ

食事 グリンピースの炊き込みご飯 止め椀

香の物

果物 地の西瓜 初物


≪今回の日本酒≫

黒龍 純米吟醸 侘助 生貯蔵酒

店名

月譚庵

げったんあん

ジャンル 割烹・小料理屋
アクセス

京成千葉線 新千葉駅 徒歩3分(220m)

住所

千葉県千葉市中央区登戸2丁目4番地6 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    のれそれ (水曜日, 25 2月 2015 20:05)

    こだわりの仕事。匠の技術です。分かる人はわかる。すばらしい料理屋さんです。是非予約して行ってみて下さい。