福島第一原発の汚染水処理に係わる核種除去設備は、現在7種類あります。

福島第一原発の汚染水処理に係わる核種除去設備は、現在7種類あります。
それぞれの装置・設備は、短所、欠点があり、一部は検証が不十分で、未完成の技術を補完し合っていると言っても過言ではないでしょう。

・セシウム除去装置(Kurion/キュリオン)

・第二セシウム除去装置(SARRY/サリー)

・多核種除去設備(ALPS/アルプス)

・増設多核種除去設備(ALPS/アルプス)

・高性能多核種除去設備

・モバイル型ストロンチウム除去装置

・RO濃縮水処理設備

どの装置もトリチウム(三重水素)は除去できません。

 
<参考> 
廃炉の「今」と「これから」 汚染水の浄化(東京電力)
『 私が、お応えします。』 (福島廃炉推進カンパニー)
はじめに
http://www.tepco.co.jp/decom…/…/waterprocessing/index-j.html
「今」の取り組み 
http://www.tepco.co.jp/deco…/…/waterprocessing/index2-j.html
「これから」の展望 
http://www.tepco.co.jp/deco…/…/waterprocessing/index3-j.html


(写真出典:東京電力)