◇ 居心地の空気を磨くこと ◇

◇ 居心地の空気を磨くこと ◇

『見えないところをきれいにすると
見えるところが光り出す。』
 
これは、経営の神様といわれた
松下幸之助の言葉です。
 
大行列の出来る
お寿司屋さんがあります。
 
きっと美味しいんだろうなと思った。
店に入って食べていると分かった。
ただ美味しいだけじゃない。
いるだけで心地いいのです。
 
このお寿司屋さんは
食べにきてくれるお客様を
大事にするだけでなく
取引先を大事にすることで
有名だということです。
 
取引先でも、
このお店の担当になりたがる人が
多いそうです。
 
つまり、仕事にかかわる全ての人を
徹底的に大事にするというポリシー。
 
このポリシーは
店のなかにも表れます。
 
どこに表れるかというと、
” 空気 ” にです。
 
なんとなく、
ここは居心地がいいという空気に。
 
取引先を大切にする姿勢は
食べにくる人には見えません。
 
でも、見えないところを大切にする姿勢は
見えるところにちゃんと
空気として表れるものです。
 
そう、あなたの愛も
空気に表れます。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    パンドラの箱。 (水曜日, 04 2月 2015 22:27)

    いまの20代 30代 40代 全く話にならない。頭デッカチで、空気が読めない。人としての魅力が全く無い。つまらん。つまらん。