『「大富豪の息子を貧しい土地に送ったらどうなったか」という話』

突然ですが、あなたはこんなことを考えたことがないでしょうか。

「今ここに1億円あれば、好きなこと色々できるのにな…。」 
「宝くじ当たったら、人生がもっと楽しくなるのに。」
「もし自分が大富豪だったら、どんなに幸せだっただろうか。」
誰もがこんなことを一度は想像したことがあるのではないでしょうか。

このお話は、今一度「幸福」というものについて考えさせてくれるお話です。

【大富豪が自分の息子を田舎の土地に送ったら、帰ってきた息子はどうなったか】

中国のとある大富豪の男性が自分の息子を田舎の土地に送りました。

裕福な生活を当たり前と思っている息子に、一度「貧しさ」というもの体験してもらい、自分たちの生活がどれだけ幸せなものなのかを知って欲しかったのです。

息子は田舎に送られ、その土地の家族と一緒に生活をしました。
そして3日後、帰ってきた息子に貧しい生活がどんなものだったか聞きました。

父「あっちでの生活はどうだった?」

息子「うん、よかったよ!」

父「こっちの生活と向こうの生活、どう違ったかな?」

息子「ああ!違いなんて、もう沢山あったよ!」

息子は答えます。それを聞いてお父さんは安心します。
自分の思った通り、「お金を持っていることが幸せ」だということに気づいてくれたと思ったからです。
しかし、息子が言った言葉は意外なものでした。

息子「僕たちは犬を1匹飼ってるよね。でもあの家は4匹も犬を飼っているんだよ!」

息子「僕達の家には綺麗に浄水された水がはられたプールがあるよね。でも、あの家にはとっても大きな池があって、その池はすごく透き通ってて、新鮮なんだ。しかも、そこには魚もいたんだよ!」

息子「僕達の家には庭を明るく照らしてくれる照明があるよね。でもあの家はお月さまとお星さまが庭をとても綺麗に照らしてくれるんだ!」

息子「僕達の家の庭は、壁に囲まれているよね。でも、あの家には壁なんて無いんだ。まるで地平線の彼方まで庭が続いているみたいなんだよ!」

息子「僕たちは家に帰ったらいつもCDを聴いているよね。でも、彼らは鳥のさえずりとか、自然の音を聴いて楽しんでいるんだ。」

息子「僕の家の周りには、安全のために壁があるよね。でも、あの家はいつでも友人たちを迎え入れられるようにドアでさえ鍵をかけていないんだ!」

息子「この街では、みんな携帯とパソコンが僕達を繋げてくれているよね。あそこでは、家族や自然がみんなを繋げているんだよ。」

お父さんは驚きのあまり声がでません。そして最後に、息子は満面の笑みでこう言いました。

「お父さん。僕達が本当はどれだけ貧しいのかってことを教えてくれて、ありがとう!」

****笑うメディアCuRAZYより転載****

戦後日本は、これだけ豊かな社会を作り上げたにも関わらず、物質的には豊かなになっても、精神的には満たされているのだろうか。

もし本当に満たされているのなら、自殺やいじめ、犯罪や心の病がこれだけ増加しているのはなぜでしょうか。

本当の幸せとは何か。

人はなぜ生きるのか。

こんな当たり前な事すら語る事無くお金やモノが豊かなら幸せになれると思い込まされてはいないだろうか。

現代の繁栄や豊かさを否定するつもりもない。

そしてその社会で生きるには、現実的に生きなければ何も出来ない。

しかし同時に私達は、今一度本当の幸せとは何かを考え直す時期に来ているのかも知れません。

子どもは純粋で、本来善も悪もありません。

しかし大人になるにつけ、社会の波に飲まれるにつけ、「常識」とされる範囲内にとらわれ始める。

そんな時は、この物語のように、子ども達に耳を澄ましてみる事も大切な事なのかも知れません。

そんな子ども達の心に添った社会を創る事こそ、今を生きる私達大人の役割なのかも知れません。