【父とのサーカスの思い出!!】

私がまだ...十代のころのことです。

サーカスの入場券を買うために、

父と私は長い列に並んで順番を待っていました。

ようやく、私たちの前にいるのは、あと一家族だけとなりました。

私はその家族に強く心を引かれました。その家族には子どもが8人もいて、いちばん年上の子どもでも12歳ぐらいにしか見えません。

あまり裕福そうではなく、着ている服も上等とはいえませんが、
きれいに洗濯されています。そして、行儀よく手をつないで、両親の後ろにきちんと二列に並んでいました。期待に胸をはずませた子どもたちは、ピエロのこと、象のこと、そして

今から見るいろいろな演技のことを、嬉しそうに話していました。どうやら、サーカスを見るのはこれが初めてのようです。子どもたちにとって、今日のサーカスは生涯残る素晴らしい思い出となることでしょう。

子どもたちの前には、両親がとても誇らしげに立っていました。

妻は夫の手をしっかりと握って夫を見上げ、夫も暖かいほほ笑みを浮かべて、妻を見つめ返していました。売場の女性が、入場券の枚数をたずねました。父親は胸を張って答えます。「子ども8枚と大人2枚ください。これで家族にサーカスを見せてやれますよ」入場券の合計金額が

告げられました。すると、妻は夫の手を離し、黙ってうつむいてしまいました。夫のくちびるも震えています。彼は、また聞き返しました。

「いくらですって?」売場の女性は、もう一度答えました。その父親には、それだけのお金がなかったのです。サーカスを見るにはお金が足りないということを、後ろにいる8人の子どもたちに、どうやって告げようというのでしょう。ことのなりゆきを見ていた私の父は、

ズボンのポケットに手を入れました。