【すでにある幸せ!!】

高い山に登ると息が苦しくなる。

酸素が薄いために...
激しい頭痛や吐き気
眩暈に襲われる。

高山病の症状を経験して
山を降りてきた人達は
例外なくこう思うそうです。

「ああ、普通に呼吸できることが
 こんなにも幸せなことだったとは」

日本人の99%は

「足りないものを手に入れることに幸せを感じる」

そうです。

つまり、焦点が常に、
足りないものに目がいくように
いつのまにか教育されてきたのだそうです。

では残りの1%の人はどんな人たちなのか。

大病をした人。

災難にまきこまれた人。

子供が病気をもって生まれてきた人。

障害者になってしまった人、など。

この1%の人たちは、
普通であることが既にどれだけ幸せか
知っている。

たんたんと過ぎ去っていく
日々がどれだけ幸せか

それを知っている人達です。

1%の人たちはふつうの日常が
どれだけ恵まれているのかに
気づいている。

捻挫した人は普通に歩けることが
どれだけ幸せなことか知る。

不幸と思われる現象を通して、
私達は、実はすでに恵まれていたんだ
ということに気づく。

そうなんです。

私達はもうすでに幸せなのです。

それに気付かないだけなのです。

目が見えることの幸せ

耳が聞こえることの幸せ

普通に歩けることの幸せ

不自由なく体を動かせることの幸せ

愛する家族が傍にいてくれることの幸せ

数え切れないほどの幸せに
私達はつつまれているのです。

今生きていることに感謝です。

----------------

私達は、幸せになかなか気が付かないです。

今ある幸せに、感謝しないといけませんね。