【有限会社 東京渥美組】世直し桃太郎NY

東京渥美組の5名の幹部社員が
6月4日から約3週間、チェルノブイリ原子力発電所で、
原発事故後の除染など安全処理技術の理論と実践を研修、
「報道機関向け記者説明会」を7月25日東京で実施

 総合建設業の有限会社東京渥美組(本社:東京都豊島区南大塚、代表取締役:舟戸仁、URL: http://www.tokyo-atsumigumi.co.jp/)では、5名の幹部社員が2012年6月4日(月)~6月21日(木)の約3週間、ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所(以下;ChNPP)(*1)及び附属するスラヴィティチ・トレーニング・センター(以下;STC)(*2)で原発事故後の安全処理技術の理論と実践を研修、6月25日帰国しました。

 

 東京渥美組は建設現場作業員約4.000 人を擁する総合建設業、渥美組のグループ会社です。これまでの自然災害や原発関連作業の経験では、平成7年1月の阪神・淡路大震災、同19年7月の中越地震等があり、多くの緊急性の高い事態の要請に対応してきました。今回の震災では福島第一原子力発電所(以下;福島第一原発)ならびに福島県内の瓦礫処理、除染作業に約100名が従事しています。

 

 今回のウクライナ、チェルノブイリでの原発事故後の安全処理技術研修の目的と、そのきっかけは、東京渥美組が建設現場作業に携わる企業としての立場から、原発関連安全処理技術のノウハウを有するチェルノブイリ原発と関連の深い、独立専門家グループのプレアデス社(Plejades)(*3)の存在を知り、同社に放射線防護や除染の理論と実践を学べる研修プログラムを依頼したことが始まりです。プレアデス社側も要請を受けた東京渥美組のこれまでの作業実績を評価し、その上でチェルノブイリ原子力発電所公団への仲介を引き受け、今回の研修が実現しました。

 

 研修ではチェルノブイリ事故後25年余の環境下で除染作業のノウハウを持つチェルノブイリ原発公団およびプレアデス社の専門家講師から、「ChNPP」ならびに同発電所に附属する「STC」で、除染(固形物、液体)、放射線防護、原子力発電所における緊急時対応等についての考え方や理論を、講義と実習を通して学習しました。

 

 日本人が同施設で原発事故後の安全処理技術研修を3週間もの長期にわたり、体系的に受講したのは今回が初めてと思われます。

 

 研修では、6月3日(現地時間)キエフ、スラヴィティチ現地入りしてから、まず、スラヴィティチ研修センターでのガイダンスと講習(理論)、チェルノブイリ原子力発電所及びその域内(ChNPP)での処理技術訓練と視察、およびチェルノブイリ立ち入り禁止区域(CEZ)( *4)数カ所の視察を経て、ChNPP、CEZでの除去作業実地訓練、汚染物質貯蔵管理の実地訓練、汚染廃棄物管理方法を研修しました。終了後全員がチェルノブイリ原発公団認定「放射性廃棄物管理者」及び「電離放射線作業安全資格者」の認定を受け、6月25日帰国しました。

 

 今回研修に参加したのはリーダーの東京渥美組代表取締役舟戸 仁、同取締役田村 修、同営業部加藤 正弘、同益子 聡、同岸 大介の5名です。この研修について舟戸 仁リーダーは「3週間に亘る専門家による講義と実践トレーニングで最も印象に残ったことは、ALARA(As Low as Reasonably Achievable)という言葉を常に聞かされたことです。この意味は、働く人の被爆を最小限に抑える事を最も重視するということで、すべての実習プログラムがこの安全思想を徹底することを基本として構成されています。現在、当社では約100名の作業員が福島の各地で除染作業に当たっていますが、今後は、今回学んだことを可能な限り実践に役立てる所存であり、放射線防護や除染技術のスキルを持った社員を増やして、日本の放射線環境下での解体や除染作業の専門家集団として社会に貢献していきたいと考えている」と述べました。

 

◆「東京渥美組 記者説明会」
   日時:2012年7月25日  13:30~15:00
   会場:KKRホテル東京「平安」
   出席:有限会社東京渥美組代表取締役 舟戸 仁他

(注)*1: チェルノブイリ原子力発電所(ChNPP=Chernobyl Nuclear Power Plant)
*2: スラヴィティチ・トレーニング・センター(STC=Slavutych Training Center)
*3: プレアデス社(Plejades、ドイツのグリースハイムに本社を置き、原発問題で世界各国の政府・研究機関、
   石油・ガス・電力会社などを顧客としてコンサルタント活動を行う独立専門家集団。)
*4: チェルノブイリ立ち入り禁止区域(CEZ=Chernobyl Exclusion Zone)

 

※有限会社東京渥美組(国土交通大臣 許可(般-17)第21582号/ 代表取締役舟戸 仁)について:本社を大阪に置き、総合建設業・不動産賃貸売買を主事業として全国で事業を行う渥美組のグループ企業。主に土木工事・建築工事・鉄筋工事・大工工事・架設工事・コンクリート工事・解体工事・舗装工事・塗装工事・内装工事・造園工事・さく井工事・その他(工場内・雑作業)に関わる職人・作業員を現場に擁しています。

東京渥美組代表取締役 舟戸 仁・略歴

・1977年1月1日生まれ。大阪府出身
・2000年芦屋大学・産業教育学科卒業。
・2000年から2年間米国留学。
・2002年㈱USJに入社、フードサービス・マーチャンダイズを担当。
・2003年から2005年まで社会福祉法人・鶴舟会に勤務。
・2005年㈲東京渥美組に入社し、建設部、開発部を経て2006年、代表取締役に就任。
・2012年6月ウクライナ「チェルノブイリ原子力発電所」「スラヴィティチトレーニング・センター」で3週間の「放射線安全処理技術研修」を受講。
「放射線廃棄物管理者」、「電離放射線作業安全資格者」認定を受ける。
・社会福祉主事、第一種衛生管理者、甲種防火管理の資格を持つ。

関東地方

相模原営業所 〒252-0331
神奈川県相模原市南区大野台4-24-1
TEL:042-786-6660
FAX:042-786-6661
川崎営業所 〒210-0022
神奈川県川崎市川崎区池田2-4-2
TEL:044-355-3333
FAX:044-355-3300
埼玉営業所 〒340-0834
埼玉県八潮市大字大曽根455-1
TEL:048-998-8889
FAX:048-998-1873
船橋営業所 〒273-0865
千葉県船橋市夏見1-14-26
TEL:047-460-7572
FAX:047-460-7573
津田沼営業所 〒275-0017
千葉県習志野市藤崎4-9-6
TEL:047-476-9555
FAX:047-475-9888
西川口営業所 〒335-0003
埼玉県蕨市南町4-10-1
TEL:048-447-6400
FAX:048-447-6444
稲城営業所 〒206-0601
東京都稲城市大丸140-14
TEL:042-370-7222
FAX:042-370-7229
赤羽営業所 〒115-0051
東京都北区浮間1-7-20
TEL:03-5916-0773
FAX:03-5916-0775
仙台営業所 〒982-0251
宮城県仙台市太白区茂庭字人来田中22
TEL:022-743-5822
FAX:022-743-5877

関西地方

泉南営業所 〒590-0503
大阪府泉南市新家3545
TEL:0724-82-6846
FAX:0724-84-1997
岡山営業所 〒702-8005
岡山県岡山市江崎44-1
TEL:086-276-7180
FAX:086-276-6830
倉敷営業所 〒712-0503
岡山県倉敷市中畝7-98-1
TEL:086-455-5879
FAX:086-455-9560
神戸営業所 〒652-0036
兵庫県神戸市兵庫区福原町15-18
TEL:078-578-6135
FAX:078-512-4736
小牧営業所 〒485-0821
愛知県小牧市本庄1195-1
TEL:0568-79-0207
FAX:0568-79-0199
名古屋営業所 〒490-1144
愛知県海部郡大治町大字西篠字諏訪5-1
TEL:052-444-8277
FAX:052-444-8248
岐阜営業所 〒501-6006
岐阜県羽島郡岐南町伏屋2-243
TEL:058-248-2401
FAX:058-248-2404
浜松営業所 〒431-3104
静岡県浜松市貴平町280
TEL:053-435-5520
FAX:053-435-5521

コメントをお書きください

コメント: 14
  • #1

    渥美組ボクシングジム万歳(^。^) (日曜日, 26 10月 2014 08:32)

    渥美組は、小学生でも、しってる。日本一の作業員派遣業者です。会長は、日本一漢気が、ある天海様です。神様です。いつも仕事ありがとう御座います。

  • #2

    仙台 ゼネコン監督F (日曜日, 26 10月 2014 08:36)

    渥美組さんの、お陰で原発作業員派遣して頂き助かってます。作業員さんも、皆んな素晴らしい教育が、されていて他の会社には、依頼できません。今後とも宜しくお願い致します。

  • #3

    西成 の代表 つねさん (日曜日, 26 10月 2014 08:43)

    渥美組に、入って安定した人生が、おくれます。命の恩人です。西成 全員感謝してます。4000人 から、10000人へと、社員数を伸ばして下さい。応援してます。

  • #4

    青葉寮 の番頭 (月曜日, 27 10月 2014 20:07)

    会長 保釈当日、迎えに来て頂きありがとうございました。ゴトは、辞めました。今は、真面目に仕事してます。

  • #5

    とりやん (水曜日, 21 6月 2017 11:40)

    お久しぶりです。30代で、200億稼ぎ、25億の家に住み、3億の車を転がし、めかけを10人かこい、全身刺青の本物と会えて感動しました。唯一無二の存在。会長長生きして下さい。

  • #6

    名無し (水曜日, 21 6月 2017 11:41)

    親父に喧嘩売った男が昔いた事。俺は知ってますよ

  • #7

    こじらせ名無し (水曜日, 21 6月 2017 16:49)

    渥美の社長さんは、素晴らしい人ですね。尊敬します。さすが4000人の頭ですね。池袋に、同じ名前の組が有りますが、間違えられて困りますね。真面目な建設会社なのにね〜。

  • #8

    浪花の子連れ狼 (水曜日, 21 6月 2017 18:57)

    今からの季節は、朝 寮から持たされた弁当は昼に腐るよね〜。どうにかしてくれ〜社長さんよ〜

  • #9

    リムジン川 (金曜日, 30 6月 2017 04:51)

    リムジン川水清くとおとおと流るる。誰が祖国を2つにしたの

  • #10

    アイコス愛国 (月曜日, 03 7月 2017 06:16)

    業界のイメージを払拭してくれ

  • #11

    広島魂 (月曜日, 03 7月 2017 06:47)

    知らん事には黙っとれや!

  • #12

    ヒロポン広島 (月曜日, 03 7月 2017 06:53)

    泥棒の番してるもんが泥棒したら誰がケツ拭くんじゃい!(◎_◎;)

  • #13

    斎藤商店 おてんば娘 (月曜日, 03 7月 2017 06:56)

    私のハイヒールは、白い長靴

  • #14

    チョンの間 太郎が行く (火曜日, 11 7月 2017 07:46)

    日本最大級の遊郭と言えば、飛田新地、飛田遊郭でしょ。西成のドヤの近くにあるんだから、びっくり。なんせ50軒も有るんだよ。そして美人しか座ってない。着物が良いね。スポットライトに光る姿は大正時代に来たかと思う程だ。30分二万円は安い。近所のたこ焼き屋で仲間と待ち合わせして楽しい時間を過ごしましょう。24時までなので気を付けて。日本男子だったら、一度は経験しないと。芸者遊びと、遊郭は、死ぬまでに行って欲しいよ。是非お勧めするよ。