【桜井誠 (本名 高田誠)とは?】

桜井誠(さくらいまこと、1972年昭和47年)2月15日 - )は、日本政治活動家在日特権を許さない市民の会会長。

「桜井誠」はペンネームであり通称。かつて韓国中国の近現代史をテーマにしたウェブサイト「不思議の国の韓国」の管理人を務めていた。トレードマークはノージャケットに蝶ネクタイサスペンダー

本名は非公開。通常の活動では「桜井誠」を名乗っている。これは最初の著書を出版する際、本人は本名でもペンネームでもよいと申し出たが、出版社が左翼の襲撃を恐れてペンネームで本を出させ、このペンネームで有名になったため現在もこの名を使用しているからである。

なお、テレビ出演の際には「木村誠」を称していた事もある。ここでも、本人は本名で構わないと言ったものの、製作担当者に「木村誠」の名札を付けるように言われたのだという。とはいえ、結果として彼は「桜井誠」の名前で人々に知られるようになり、今現在ではペンネームのみならず通称となっている。

2012年(平成24年)11月14日の京都地裁にて行われた京都朝鮮学校公園占用抗議事件民事裁判第15回口頭弁論においては、裁判官に本名で促されてから「はい」と答え、証言台に上がっている。尋問自体は、社会的に通用している「桜井」の通称で行われた。

福岡県北九州市出身。20代前半まで地元で過ごしたのち、上京。上京後は警備員市役所非常勤職員を経験した。なお、桜井は市役所に勤務している間、公明党共産党などの助力による生活保護不正受給に直面し、これがのちの彼に大きな影響を与えた。

また、インターネットを通じて韓国について独学で研究を進め、「韓国という国は、知れば知るほど嫌いになる希有の国」という認識を持った。最初のうちは中央日報電子版の翻訳掲示板に出入りし、「konkon」というハンドルネーム韓国人たちと討論を行った。後に、韓国の子どもたちへ「『考えること』を教えよう」との考えから、利用者年齢層の低いネイバーに移った。この頃からハンドルネームDoronpaを使い始めた。その後、自身のウェブサイト「不思議の国の韓国」「Doronpaの独り言」を開設した。

2010年(平成23年)に取材を受けたニューヨーク・タイムズ紙に、当時の本業は税金関係(a 38-year-old tax accountant)と報じられ、税理士ではないかという推論がネット上に流れた。しかし、安田浩一が、「あなたの職業が税理士というのは本当か」と尋ねたところ、桜井自身は「そんなこと答えた覚えはない」と明確に否定している。さらにニューヨーク・タイムズ紙の取材に対して、自らの活動をネオナチと比較されることを拒んだうえで、米国のティーパーティー運動を手本に活動していることを明かした。外国人リベラル系メディア、左派系政治家が国を支配しているせいで道を誤るという、茶会と同じ危機感を持つことがでてきたためという。

2013年(平成25年)6月16日、東京・新宿で行われた他団体のデモに参加しようと新宿駅に来た所、待ち伏せしていた対立団体「レイシストをしばき隊(現・対レイシスト行動集団)」のメンバーらとと小競り合いになり、しばき隊のメンバーにメガネを奪われたため被害届を新宿署に提出しに行った所、しばき隊側が桜井のつばがかかったため相被疑であると主張して、共に現行犯逮捕されたが、勾留延長はされず48時間以内に釈放され不起訴となった。桜井は釈放後のニコニコ生放送で、デモ前の新宿駅でのもみ合いの過程で「つばがかかった・かからない」といった程度のことで逮捕されただけであるのにマスコミはデモ中での暴行事件と報じた、なおかつ不起訴つまり無罪であったのに顔写真、実名、住所まで報道しておきながら続報は伝えない偏向報道であると主張した。 また、自身のTwitter及びブログ上で、しばき隊及び関連団体の男組を「準暴力団」「広域犯罪組織」などと批判している Wikipedia より転記

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    男一筋 (水曜日, 22 10月 2014 19:32)

    桜井。さむいんだよ。政治活動家気取るな。よく考えろよ。

  • #2

    西成の守番 (水曜日, 22 10月 2014 19:41)

    本物は、何処にもいない。本物は、何処にいるんだろう。今は、嘘の猿しかいない。猿どうしの潰しあい。どちらも偽物。どんな綺麗な事を言っても偽物は、響かないよ。残念な奴だ。哀れ。

  • #3

    西成 喫茶 マル屋 (水曜日, 22 10月 2014 22:55)

    桜井。お前 ガキのくせに何やってんだ。コーヒーしばくか?それとも、しばかれたいか?