【ブルース・リー】吉田哲

ブルース・リー李 小龍Bruce Lee、リー・シャオロン、レイ・シウロン、1940年11月27日 - 1973年7月20日)は、サンフランシスコ中華街生まれの中国人中国武術家、武道家香港俳優脚本家映画プロデューサーである。截拳道(ジークンドー)を創始したマーシャルアーティストとしても知られる。墓碑銘は「FOUNDER OF JEET KUNE DO」。リンダ・エメリーとの間に一男一女。息子はブランドン・リー、娘はシャノン・リー

出生・幼少時代

父親の中国系広東演劇の役者の李海泉中国語版と、ドイツ・中国人のハーフの母親グレイス(中国名:何愛瑜、香港の実業家何甘棠中国語版の娘)が家族を連れて長期アメリカ巡業中、辰年の1940年11月27日、辰の刻(午前8時)にサンフランシスコ中華街の病院で生まれた。5人兄弟の次男。映画には芸名の李小龍で出演している。生後3ヶ月あまりでサンフランシスコで製作された映画『金門女』(中国)に出演した。

その後イギリス植民地下の香港に帰国した。1941年12月から日本イギリスが開戦し、香港が日本軍占領下におかれ映画の製作が止まったために出演作はないが、第二次世界大戦終了後、製作が再開された8歳頃から子役として数多くの映画に出演。幼少より、中国武術の一派である詠春拳葉問中国語版(イップ・マン)の指導で中国武術を身につける。少年の頃、道場にはバスで通い、バス停で他の生徒に「今日も休みだ」と嘘をついて帰らせ、葉問の個人レッスンを受けたという逸話がある。

また上海精武体育会香港分会にて北派少林拳邵漢生に指導を受け、節拳(弾腿門)などを学んだ。

渡米・結婚

何不自由なく育ったリーの将来を心配した父は、「俳優の不良息子」として悪名を知られた香港から離し、渡米を命じる(アメリカで出生届を出していたので米国籍があった)。18歳のリーは、わずか100ドルの所持金で単身渡米し、シアトルに移り住む。新聞配達のアルバイトをして職業訓練学校のシアトル・セントラル・カレッジに通い高校卒業資格を得て、ワシントン大学哲学科に進学。勉学に励むかたわら、「振藩國術館」を開いて中国武術の指導を始める。高校で哲学の講師もしていた。その頃、同じ大学の医学生で、道場の生徒だったスウェーデン系イギリス人リンダ・エメリーと結婚。その後、大学を中退し、道場経営に専念。截拳道(Jeet Kune Do/JKD/ジークンドー)を創始する。

武道家からアクションスターへ

1966年に、アメリカの「ロングビーチ国際空手選手権大会」で詠春拳の演武をしたフィルムが、TVプロデューサーの目に止まり、TVシリーズ『グリーン・ホーネット』の準主役に抜擢される。正義のヒーロー「グリーン・ホーネット」の助手兼運転手として、目の周辺だけを隠すマスクをつけた日系アメリカ人のカトー役を演じ、派手なアクションで人気を博す。

これをきっかけに、ロサンゼルスハリウッド俳優やプロデューサーを顧客に武術の個人指導をするようになり、TVや映画などのゲスト出演を重ねる。『グリーン・ホーネット』の後、アメリカの連続テレビドラマ『燃えよ!カンフー』を企画し、自ら主演を願ったが、東洋人であることなどを理由に叶わなかった。

1970年に、香港の大手映画会社のショウ・ブラザーズ(邵氏兄弟有限公司)から独立したレイモンド・チョウ(鄒文懐)が設立したばかりのゴールデン・ハーベスト(嘉禾娯楽事業有限公司)と1本1万香港ドルで2本の映画出演の契約をする。翌1971年に、成人後の初主演映画『ドラゴン危機一発』が公開され、香港の歴代興行記録を塗り替える大ヒットになった。リーは、一躍、香港のトップスターに躍り出る。

主演第2作の『ドラゴン怒りの鉄拳』(1972年)では主演と武術指導を担当し、3作目の『ドラゴンへの道』(1972年)では、自ら「コンコルド・プロダクション」(協和電影公司、ゴールデン・ハーベストとの共同出資)を設立し、製作・監督・脚本・主演の四役を担った。この3作によって、リーは香港で不動のトップスターの地位を築き、ゴールデン・ハーベストは興行収入で香港最大の映画会社となった。

1972年秋から、リーの2作目の監督映画『死亡遊戯』の撮影がスタートする。しかしハリウッドワーナー・ブラザーズとコンコルド・プロダクションとの合作映画『燃えよドラゴン』の企画が持ち上がり、『死亡遊戯』の製作は中断される。(その後ゴールデン・ハーベスト社からサモ・ハン・キンポーにこの作品を完成させるように指示が出た。サモ・ハン・キンポーは彼のスタントにユン・ワーユン・ピョウを起用し、この作品が完成となった。)

1973年1月から、アメリカと香港の合作映画『燃えよドラゴン』の撮影が始まる。かつて『燃えよ!カンフー』の主演が叶わなかったリーの意気込みは並々ならぬものがあり、エキストラへの武術指導に始まり、脚本や撮影にも詳細な意見を出した。

死去

 
シアトル市内にあるブルース・リー親子の墓。墓には截拳道理念(Jeet Kune Do concept)である「以無限為有限 以無法為有法」と「YOUR INSPIRATION CONTINUES TO GUIDE US TOWARD OUR PERSONAL LIBERATION」が刻まれている。

1973年7月20日に、リーは、『死亡遊戯』で共演予定の女優、ベティ・ティン・ペイ(丁珮) の香港の自宅で頭痛を訴え、鎮痛剤(アスピリンを含むEquagesic)を飲んでベッドに横になった。しかし、そのまま昏睡状態に陥ったため、ティン・ペイはレイモンド・チョウを呼び、そのままクィーン・エリザベス病院へ搬送されたが、死亡が確認された。32歳であった。

葬儀は香港とシアトルで行われた。香港では数万人のファンが葬儀に押し寄せ、シアトルの葬儀にはリーの弟子だったジェームズ・コバーンスティーブ・マックイーンも参列した。遺体はシアトルのダウンタウン近くのレイクビュー墓地に埋葬された。

リーの死後、彼が待望していた主演作『燃えよドラゴン』がアメリカを皮切りに世界各地で公開され、ヒットした。しかし、地元香港では、前作『ドラゴンへの道』の興行収入を大きく下回った。

『燃えよドラゴン』でアクションスターとして世界的に知名度が上昇した時、すでにリーは亡くなっていた。死後、『ドラゴン危機一発』などの過去の映画が世界中に配給された。

人物

身長

身長は書籍 『ブルース・リー大百科』(ケイブンシャ)、映画『実録ブルース・リー/ドラゴンと呼ばれた男』では171cmと記載、『死亡遊戯』のパンフレットには163cm、風間健は166cm、倉田保昭は167cm、リンダ・エメリーは170cmとそれぞれ証言し、書籍『伝説のブルース・リー』(「BLACK BELT」誌/編、呉春美/訳、松宮康生/監修(フォレスト出版))には175cm、と複数のデータや証言がある。

怪鳥音

独特の「アチョー」という叫び声は「怪鳥音」と呼ばれる。香港映画界では声優の吹き替えが一般的で、『燃えよドラゴン』以外の出演作は全て吹き替えだが、怪鳥音だけはリー自身の声である。ただし、北米版『ドラゴンへの道』と国際版『死亡遊戯』だけは別人の吹き替えになっている。

武道家

リーが正式に門下に入ったのは詠春拳のみだが、北派の中国拳法も数多く研究していた。『グリーン・ホーネット』のオーディション映像などでさまざまな型を演ずるのを見ることができる。なおオーティションで演舞した虎の型、流の型などは即興で行ったもので、どの中国武術にも存在しない。

アメリカ合衆国空手家であるジョー・ルイスは1967年にリーと出会い、截拳道で導入されていたボクシンググローブヘッドギアを身に纏ってのスパーリングや、格闘哲学を参考にした。それまでアメリカ国内の空手の試合は、対戦相手の体に直接打撃せずに寸止めでポイントを争う試合が一般的だった。1970年1月17日に開催された空手大会では、スペシャルマッチとしてロサンゼルスで初めて、ボクシンググローブを着用して直接打撃する試合が行われた。ルイスは2ラウンドKO勝ちし、1974年にはアメリカンキックボクシングの団体であるPKAを設立している。

トレーニング

リーは俳優として映画ビジネスの世界で活躍し、多忙をきわめるなかにあっても武道家として修行を怠ることはなかった。海外でのロケーションなどでしばらく自宅を離れるときは、専用の運動靴を持参し、ロケ先でトレーニングを行っていた。暇さえあればボールを繰り返し握る握力向上の鍛錬やパンチをできるだけ早く打ち続けるトレーニングを行っていた。

モハメド・アリのビデオをすべて所有し、トレーニングに利用していた。リー自身はサウスポースタイルを基本としていたため、オーソドックススタイルのアリのビデオを鏡に映して模倣し、その動きが本来の自分の動きになるまでトレーニングした。

筋力トレーニングとして、アイソメトリック・トレーニング(アイソメトリクス)を積極的に取り入れていた。

そのほか

ダンスの才能もあり、チャチャが最も得意だった。香港のダンスコンテストで優勝したこともあり、その映像が出回っている。ダンスを習ったのは、武道とは無関係で、単に女性にモテたかっただけといわれている。

哲学を専攻していたこともあり、西洋および東洋思想に精通していたばかりか、ナポレオン・ヒルからクリシュナムルティまで研究していた。その成果は、截拳道の思想面に活かされている。体を壊し、数ヶ月間の療養生活を余儀なくされた期間、数多くの本を読み漁りそれらを合わせると図書館ができあがるほどであった。また画才もあり、古代中国の武術家のイラストでデッサン力や構図の構成力が発揮されている。

燃えよドラゴンで見せたヌンチャクが代名詞のようになっているが、劇中で使われたのは正確には「タバクトヨク」というカリの武器である。リーはカリの達人であるダン・イノサントから技術を教わっていた。なおダンは後に截拳道の最高師範になっている。

死因

公式な死因は脳浮腫(のうふしゅ)である。司法解剖の結果、微量の大麻が検出されたほか、が極度に肥大化していたことが判明した。検死報告によると、彼の脳は1,400gから1,575g(13%の増加)まで膨らんでおり、頭蓋内圧亢進により脳幹部が圧迫されて死に至ったと考えられている。

リーは、『燃えよドラゴン』の撮影約一ヵ月後の1973年5月10日にゴールデン・ハーベストのスタジオで、音声吹き込み中に、昏倒し意識不明の重体に陥り、そのまま病院に運ばれ2時間後に回復するも入院し、13日には退院している。その後、渡米し精密検査を受けるが結果は異常なしであったとされる。脳浮腫が起きた原因は背中の古傷に長年使っていた痛み止め薬と、その晩に服用した頭痛薬の副作用といわれている。

一部で既にリーの脳にあった腫瘍にこれらの薬が作用して破裂を起し脳浮腫になったと言う説もあるが、検死解剖では脳浮腫が確認されているのみで、脳腫瘍並びにその破裂による脳内出血の報告はない。

死因に関して紛糾したため、香港政庁は1973年9月に死因究明裁判を開いた。同法廷書記長の藩健成によると、イギリス統治下にあった香港で出された正式な判決は【死因不明】である。脳浮腫が起きた原因は確定されなかった。

イリノイ州シカゴにあるクック郡医療検査官事務所のジェームズ・フィルキンス(James Filkins)は、死因を『癲癇(てんかん)』であるとしている。 フィルキンスは、検死解剖による死因の公式発表にも誤りがあると指摘している。報告書どおり、リーの死因が鎮痛剤による過剰反応なのであれば、それはアナフィラキシーショックを起こしたことになる。しかし、この場合は首のかぶれという外傷を呈するものであり、報告書の「目立った外傷はなし」との記述と矛盾するとして、リーの死因はSUDEP(癲癇による突然死 sudden unexpected death in epilepsy)であると主張している。この症状が認識されたのは1995年以降のため、死亡当時は可能性が検討されていなかった。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    お祭り男 (土曜日, 13 9月 2014 19:23)

    吉田くんは、ブルースリー好きなんだね。