2022年迄に消える?

【衝撃】2022年までに消える可能性大の【職業10選】

IT技術の進歩によって、これまで人間がしていた仕事がどんどん 消える?

米労働統計局のデーターを基に CareeCastという調査会社が行った調査で、 2022年までに消えそうな職業トップ10が明らかに。 ただ、これはあくまで「可能性」の話なので 現在下記の職業に付いている人でも、今すぐ転職を考えたりする必要はなさそうです。

 

1位 郵便配達員

2022年の推定雇用率-28%

インターネット上での情報のやりとりがますます進み、郵便物が激減している。そのため郵便配達員も減るだろう。

2位 農家

2022年の推定雇用率-19%

農耕技術や農薬・肥料などの改善により、

少ない人員での作業が可能になる。

3位 メーターの計測係

2022年の推定雇用率-19%

電気・ガス・水道などのインフラ各社がデジタル計測を始め、

現地でメーターをチェックする計測係の人員削減が進む。

4位 新聞記者

2022年の推定雇用率-13%

インターネット上でいつでも最新のニュースが

読めるようになったため、新聞購読者が減り、

購読料、広告料が減って新聞業界は不況。人員削減に繁がる。

5位 旅行代理店の社員

2022年の推定雇用率-12%

インターネット上での旅行予約が広まりつつあり、

旅行代理店の需要は減っていく一方だ。

6位 木材伐採人

2022年の推定雇用率-9%

切断機などの性能が上がり、少人数で作業を

こなせるようになる。また情報媒体のデジタル化が

進み紙の需要が減ったため、木材の需要も減っている。

7位 フライトアテンダント

2022年の推定雇用率-7%

航空会社の経費削減や合併、倒産により、

フライトアテンダントは減少傾向。この傾向は続くだろう。

8位 ドリル作業員

2022年の推定雇用率-6%

ドリルの性能が上がり、少人数でこれまでの作業を

こなせるようになる。製造業での人員削減に関わる。

9位 印刷業者

2022年の推定雇用率-5%

本や雑誌、新聞などの情報媒体のデジタル化が進み、

紙製品は減り続ける。

10位 税務調査官・収税史

2022年の推定雇用率-4%

技術の進歩によって企業の効率化が進み、

税調査や微収業務のための必要人員が減る。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    稲毛の浜っち (木曜日, 31 7月 2014 08:03)

    こんにちは。なんか、怖いですね。人が、出来る事無くなる感じ。冷たい世の中が残るって感じ。

  • #2

    新政 (土曜日, 02 8月 2014 11:57)

    やはり、そうなりますよね。