【親父の歌自慢③】 名曲を聴いて唄って下さい。

新仲見世通りに並行する、たぬき通りで見つけました。
スナック「ルージュ」さんと「ふぅー」さん。
ルージュさんは昭和のスナック、そのものの店構えですが、
お隣のお店はよくわかりません。😅
浅草にはまだまだ昭和の雰囲気を残しつつ頑張っているお店が沢山ありますよ。

フィリピンパブに、行った時の話です。店には全く料金表が無かったのですが、私は、飲み慣れているので高くてもひとり飲みなら、1万しないだろうと思ってました。歌舞伎町じゃあるまいし。30分で、二曲歌って帰る事に。明日も早いからな。そして、お会計。フィリピン人「はい。3万円です。」私「えっ。3万円❓内訳見せてよ。」フィリピン人「ママ 今日は、イナイヨ。ワカラナイヨ」隣の男「お客さん。飲み代 払わないなら警察呼ぶよ。」私「あんた、関係ないだろ。黙っててくださいよ。ややっこしいな。」隣の男「俺が、内訳 説明してやろうか?」私「えっ。なんなんだよ。」隣の男「だから、先ず、カラオケ 歌っても歌わなくても、ひとり3000円、ワイン15000円、焼酎ボトル10000円、ジュース一杯2000円 なんか文句ある。良心的だろ。」私「ちょっとまってよ。あんたに聞いてないよ。店の人?まっ。わかりました。払うけど、ワインだけ納得いかないよ。焼酎ボトルと、ワイン勝手に説明無しに頼んでるし。一杯頂きます。と一本頂きます。それはないでしょう。」隣の男「確認しないあんたが悪いよ。新規の店に飛び込みして、ボラれるかもしれないんだからさ。慎重に飲まないと」私「あんたに言われたくないよ。いいよ。わかった了解。払うよ。帰る💢」フィリピン人「ありがとう。また来てね〜」私「誰が来るか💢」それから、千葉のフィリピンパブには、出入りする事は無くなりました。今でも飛び込みしてますが、先ず日本人のお店ですかと聞いてシステムを聞いて飲む様にしてます。フィリピン人、韓国人、タイ人、中国人、のお店も知ってますが、歌舞伎町や大久保で飲んでいた時の方がボラれる事が少なかった気がします。今は、歌舞伎町も、やばいですが、千葉もやばいです。安くて良心的な大人の社交場が無くなりました。一部の人間の悪い行動が、フィリピン人のイメージを、悪くしましたね。いずれにせよ日本人が1番ですね。皆様も色々 飲んで歩いていると、ボラれたエピソードありますよね。良かったらコメントしてね。飲み過ぎに気をつけて、ストレス発散バカやりましょうね。

名曲はいつまでも皆様の心に残り時代を旅します!!

【J-force】 焼酎の唄/小田純平

【J-force】 男の景色/小田純平【フルver.】

【J-force】母のマフラー/小田純平 【PV】

【J-force】 男と女のバラード/小田純平 【PV】

【J-force】 こたえは風の中/小田純平

【あいたい】 林部智史

K 『Only Human』

スキマスイッチ / 奏(かなで)

徳永英明 【レイニーブルー 】

HY 366日

JUJU 『やさしさで溢れるように』

愛してる(郷ひろみ) 【歌詞付】

【お問合せ先】

メモ: * は入力必須項目です