Apex productブログ①

Apex productブログ① · 2023/09/15
cosie.jimdo.com
Apex productブログ① · 2023/06/01
【ミュージックアイボリー】【アイボリーレコード】  住所:東京都港区六本木7-7-13 天城六本木ビル1F  電話:03-5786-1421      03-3478-3670(制作推進部直通)  FAX:03-5772-7739  HP:http://www.musicivory.com/
Apex productブログ① · 2022/10/19
我が国も加盟しており、世界の動物衛生の向上を目的とする政府間機関である国際獣疫事務局(OIE)の勧告において、「アニマルウェルフェアとは、動物の生活とその死に関わる環境と関連する動物の身体的・心的状態」と定義されています。...
Apex productブログ① · 2022/10/16
アムウエイは商材を使ったねずみ講に他ならない。 私も35年前に騙されて石鹸・洗剤・鍋を買わされた。 未だに高い鍋が家にはある。当時は、アムウエイビジネスで成功すればハイソな生活が送れるとご丁寧に写真付きの宣伝もよく掲載されていた事を思いだす。...
Apex productブログ① · 2022/10/01
皆さん覚えていますか。渥美清さんがお亡くなりになった訃報が届いた時の残念な思い。今でも涙が出ます。突然ですが、私は、田舎の漁師町出身で、子供の頃からの楽しみといえば、お正月におしゃれして、家族で「寅さん」を見に行き大笑いして初詣する。定番でした。唯一の贅沢でした。今は、毎日が正月です。生まれた町は田舎なので一軒しか無い映画館で、当時の様々な映画を見たのを思い出します。子供の時、ガキ大将に教えてもらい、「いなご」や「どじょう」を取り「空き瓶」を回収して業者に売ってお金にして映画をみました。その当時から、資源循環型社会を目指してました。嘘です。まあ、それほど映画が好きでした。特別貧乏な家ではなかったのですが、そうしてお金を友達と稼ぐのが楽しかった気がします。商人でした。兄弟や近所の子供達とは遊ばず、隣町のガキ大将の家まで通ってました。今思えば、両親に捨てられた子供で親戚を、たらい回しにされたあげく、虐待を受けていたそうです。そんな暗い環境にも屈せず、明るくヤンチャ坊主でした。特に俺には優しい兄貴でした。直ぐに仲良くなり、いつも何をするのも一緒でした。楽しかった。自分は、兄弟三人で兄・妹がおります。でも兄貴(ガキ大将)は一人ぼっち。だから俺が仲間でした。家族より家族でした。兄弟でした。兄貴(ガキ大将)と毎日ザリガニ取りや、口で言えない悪いことばかりしていました。でもそんなやんちゃ坊主達の小さな幸せも長くは続かず、兄貴は施設に入ることになり、入居の当日に兄貴は親戚の家を出ました。俺には何となく分かってました。でも何も話してくれませんでした。ただ毎日楽しい遊びの話ばかりでした。小学5年生のガキ大将が小学2年生に自分の何を語るのでしょう。今の現実から、逃げたかったのでしょう。リセットして生きたかったのでしょう。それ以来、消息不明になつた兄貴。元気でいたら連絡下さい。どうぞ、どうぞ、幸せに暮らして下さい。さぞかしあの時は、辛かった事でしょう。幼すぎてあの頃は、何も兄貴にしてあげられなかつた。ごめんね。兄貴(ガキ大将)の口癖が「泣いてたまるかよ」でした。兄貴の苦労から考えれば、つまらない小さな事ですが、当時を思い出すと愚痴が出ます。家族だから気を許しているから出るのでしょう。何故 自分だけ、洋服はお古ばかり。長男は優遇され、妹は女の子だから、可愛がられ。何故なんだ。子供を差別する親はいません。ひがんだガキがいました。しかし、今だから言いますが、私はラーメンが好きでは有りません。当時180円で、家族で外出する際、1番安いから頼んでいただけです。確かに「大好きだ」と言ってはいましたが、嘘です。少しでも家計が楽になればと思っていただけです。兄弟は分かっていなかった。胸に詰まった物を吐き出したら、スッキリした。子供の頃から、我慢・我慢ばかりの気ばかり使う小心者。可愛くないですね。でもその子供がラーメン店を経営するとは、何か縁が有ったのでしょうか。笑える話です。そうした、我慢の反動か、親戚の農家の畑から、スイカも梨を無断で頂きました。皆さんもやりませんでしたか?時効ですか?叔父さん、すみませんでした。毎回、まとまらない内容で、すみません。男はつらいよ」の話に戻りますが、どうしても「さくら」を自分の妹と、だぶらせて見ていたのでしょう。泣けて笑えました。寅さんありがとう。寅さん映画も良いのですが、今回は、渥美清さんの「泣いてたまるか」も素晴らしいので、ご紹介致しました。是非見てくださいね。 Apex Product 加齢なる親父
Apex productブログ① · 2022/10/01
吃音症(言葉が円滑に話せない疾病、または障害である。「発語時に言葉が連続して発せられる」、「瞬間あるいは一時的に無音状態が続く」などの症状を示す)
Apex productブログ① · 2022/09/30
学校で馬鹿やることで家庭のゴタゴタを忘れたかったからだと思います。中学三年間クラス委員でした。当時、担任(女性)の先生の強い後押しもありまして学年委員長に立候補して見事、中学三年の時に学年委員長になり、出来も悪いのに優秀な方々のサポートもあり一年間とても有意義に過ごせました。お名前を上げると支障があると困るので伏せますが、本当に先生あの時は、ありがとうございました。俺みたいな人間に優しく導いて頂き幸せな学園生活を過ごさせて頂き感謝しております。理数系が嫌いでしたが先生が数学の先生だったので数学だけはいつもクラスで1番か2番でした。淡い恋心があったのかも知れません。成人式で、お逢いした時、「芸人さんに、なると言っていたから楽しみにしてたのよ。でも真面目に東京で、勉強してるんだね。家業は継がないの? 頑張って自分を信じて、やりたい事をのびのびやって夢をつかんでね。先生応援してるからね。貴方の1番のファンだから。ねっ。辛かったら、必ず連絡するのよ。1人で何でも抱えて、先生分かってますよ。言わなくても貴方の担任なんだから。」そう言ってくれましたね。本当にありがとうございました。今があるのも先生のお陰です。その後の話は、またにして、色々お話致しましたが、いつ落語の話が出るのか?そうですよね。それでは本題に入ります。社会人になり、食品メーカーで調味料を作っていたサラリーマン時代、テレビ番組で「笑点」をみていたら、当時の林家木久蔵さんが、「木久蔵ラーメン」を作つた。横浜に店を出す。との告知を聞いて「うーん。なんだろう。」俺はピンと来ました。千葉にも出したい。千葉の富士見町(ナンパ通り)に店を出したい。24時間営業で、醤油・味噌・塩・餃子のみの店「元祖 木久蔵ラーメン」直ぐに木久蔵さんに、電話をして、2ヶ月後に会って頂けました。openの際に、店内で落語会を開いて頂き、高いギャラを払いましたね(笑)何度も打ち合わせでお会いしましたが、人の良い素晴らしい人格者でした。ビジネスの才能も有り、絵もうまく、ご自分で、画伯と言ってましたね。最終的にお店を閉店致しましたが、とても良い思い出ででした。あの時は、本当に勉強になりました。寄席にも何度も行きましたね。芸人さんと良く遊びました。これからは伝統芸(落語)をもっともっと皆様に興味を持って頂き、ひとりでも多くの人が寄席に遊びに来て頂ける様に、ご紹介して行く役目をやらせて頂きたいと思います。 - Apex product 加齢なる親父
Apex productブログ① · 2022/09/30
皆さんで落語を聞きに寄席に行きましょう。まず本題に入る前の枕を聞いて下さい。昔の話です。私は、子供の頃から人を笑わせてばかりいた、ひょうきんな子供でした。家では悲しい話になりますが、父親がDVで、母親を殴る蹴る。いつ離婚するか毎日が修羅場でした。小さな建設会社を営んでいました。生活は何不自由無く、暮らさせてもらっては、いました。しかし、社長の親父が職場に女を作ってましたので母から浮気女の写真を見せられて「とうちゃんと、かあちゃんどっちに ついてくるかぁ」と言われて、小学生の俺は、「かあちゃんだょ」と言って二人で泣いた辛い思い出が有ります。思ってはいけない恨みの感情を父親に今でも少し抱いているのは、正直あります。父親は、釣りが好きで、釣り専用のjeepを買い毎日の様に仕事帰りに海にいきました。私も、夏は海の家に連れて行ってもらいましたが、父親は、若い時ヤンチャしたのでしょう、入墨が有りました。子供が、どんな思いするか、若気の至りでは、すみません。今の女性も軽はずみにタトゥーを入れますが、後悔して消す人がいます。残念です。尊敬出来る人では、無いとまで、当時は思ってました。早く社会に出て、安定した職に就いて母親を楽にさせたいと、思う毎日でした。そんな家庭環境ですから、笑ったりする事も無く話もなく自分の部屋でテレビを見たりしていました。小学校・中学・高校と野球部と柔道部に所属していましたので、学校の仲間が家族より絆が強かったのを覚えています。学生時代は苦しい部活動時代もありましたが楽しい事が多かったので相殺出来ました。部活の話はまた、お話致します。かなり脱線致しましたが、家で暗い分、学校では、はじける。はじける。落語を覚えてホームルームの時間に披露したり親友とコンビを組んで漫才したり、学園祭では、監督・演出・作・主演でミュージカル劇をやった事もありました。【ダウンタウン物語】と、名付けたお芝居です。その当時、流行っていたダウンタウンブギウギバンドの音楽をバックに笑い有り涙有りの喜劇でした。根底は「でん助劇場」や「てなもんや」だったと思います。なにせ子供ですから、色々パクって作ったのでしょう。実家に8mmビデオがありますが、笑えます。学力は全く無く、スポーツもそこそこでしたが、目立ちたがりの性格は止められませんでした。 - Apex product 加齢なる親父
Apex productブログ① · 2022/09/30
よっちゃんとは、早35年の付き合いになりますね。これまで色々ありましたね。有りすぎて何から話してよいか分かりませんが、出会いは、一部上場企業で新人とリーダーとしてでしたね。汎用ソフトウェア開発やサポート営業を主に任されてグループ毎に毎月売り上げを競ってました。在籍中、私達のチームは、全社的にもトップを取り続けましたよね。辛く苦しい日々でしたが、1番をキープ出来たのも、よっちゃんや、チームの皆んなのおかげです。新設オープンのオフィスビル幕張メッセのWBGを400万の家賃で借りてショールームを作りバリバリ稼いでいた時は給料が帯封でした。あれが、バブル景気だったと今考えれば思います。昼飯もレストランで食べてましたが、オープン当時のWBGは食べるところが少なく高いレストランしか無かったのを覚えてます。事務員さんに毎食2000円渡していました。よくやっていました。社員旅行も、私のポケットマネーで、20人全員 ハワイに連れて行けたのも、もう夢の話の様です。北海道にもスキーに行きましたしグアムにも行きました。 でも、誰一人、私に感謝してなかった気がします。27歳の天狗でしたから。今、思っても恥ずかしいくらいパワハラ上司だったと思います。自分が稼ぎ頭。自分が、ここまで営業所を全社トップにした。生意気で、所長をアゴで使い、飲みの席では、駄目だしをする。 どうしょうもない阿保でした。 それだけに、今、60歳過ぎてもまだ、迷走しているアホな輩を見ると、当時の自分を見ている様で、ついつい駄目だしを言いたくなります。それも経験があるから老婆心ながら言ってしまう。その方の為にと思っての駄目出しですから、怒らないで聞いて欲しいものです。 まあ、よっちゃんとは、良く飲んだねー。スナック、クラブ 通いしていた時は、毎晩毎晩、行ってましたね。最高で、60本(全店で一ヵ月)ボトルキープしてました。新規飛び込みで、富士見、栄、みゆき通り、蓮池の、飲み屋、寿司屋、小料理屋、は、全部制覇しましたね。楽しかったですが、身体壊しましたー。偉い方々とも会い、アンダーグラウンドの方々には、イジメられたりしました。 今は、お互い歳だからゆっくり人生を暮らしましょうよ。のんびりやろう! - Apex product 加齢なる親父
Apex productブログ① · 2022/09/30
私が、アルバイトで靴屋に勤務していた頃の話です。 当時、大学卒で初任給10万程度だったと記憶しております。 そんな時期に飯も食わず貯めた8万円で、オペルカの靴を買いました。 ヨーロピアンな靴でしたがトラッドに履いていました。上着は...

さらに表示する