カテゴリ:青空と向日葵の会Biog②


19日 2月 2015
幼くして父親を亡くした女の子が、 小学校に入学するころのことでした。 周りの子はみんな、 親から買ってもらった赤いランドセルを 背負って通学していました。 しかし、その子の家庭は幼くして 父親を亡くし母子家庭でしたから、 ランドセルを買ってもらえるほどの 余裕がなかったそうです。 もちろん、家に余裕の無いことが わかっていたその子は、...
19日 2月 2015
私は関東の大学を出たあと、同じく関東の会社に内定を貰い、一人暮らしの部屋も確保してあとは4月を待つだけ。 という形で3月に大学を卒業しました。...
19日 2月 2015
愛犬が末期ガンにおかされ、安楽死という苦渋の選択をしたある家族のエピソードです。 苦しみから愛犬を解放するために、安楽死を選んだある夫婦は、6才の息子のシェーンも、その最後の時に立ち会わせることにした。...
13日 2月 2015
「ドッグイヤー(dog...
04日 2月 2015
【重版情報】『ゆるゆるネコ体操』たちまち増刷!! 東洋医学と療術に精通する木次真紀と、人気イラストレーター浅生ハルミンのイラストによる、ネコ的生き方に学ぶ『ゆるゆるネコ体操』。大好評につき早くも増刷となりました! せかせかとした日常、仕事などからくる心身へのストレスに悩まされていませんか?...
27日 1月 2015
Ugly the Kitten Story Will Break Your Heart .アグリーという名前の子猫のお話が世界のネット上で大変な話題になってます。原文に沿って翻訳しましたので是非お読みになってください。とても悲しくとても感動しとても温まる素晴らしい実話です。 (以下翻訳)...
27日 1月 2015
再度警告です。お車乗る前に ボンネットをトントンするかクラクションを鳴らしてからエンジン始動してください。 暖をとる動物があなたの車の底や内部にいるのです。知らずエンジンかけるとエンジンモーターが動物を巻き込み悲惨なことになります。
27日 1月 2015
(犬の立場から飼い主にしてほしいと願う事柄を述べています) 1、私と気長につきあってください。 2、私を信じてください。それだけで私は幸せです。 3、私にも心があることを忘れないでください。 4、言うことをきかないときには理由があります。 5、私にたくさん話しかけてください。人のことばは話せないけど、わかってます。...
26日 1月 2015
愛犬を鎖で終日終身一生をつないで飼育するのは当たりまえですか?繋ぎっぱなし、散歩も行かず寒さ暑さに放置し、餌を与えるだけの行為は犬に対する終身刑であり欧米諸国では条例で鎖飼育は罰せられます。首輪も禁じる国もある。鎖で一生を拘束される動物は犬と象だと言われています。お散歩用リードとはまったく性質は異なるこの地獄の鎖。日本では昔からよく見る光景かもしれません。昔は犬の寿命は5,6年でした。その麻痺した意識が世界から立ち遅れた動物愛護の原因のひとつです。
26日 1月 2015
あるところに、 お釈迦様が多くの人たちから 尊敬される姿を見て、... ひがんでいる男がいました。 「どうして、あんな男が  みんなの尊敬を集めるのだ。  いまいましい」 男はそう言いながら、 お釈迦様をギャフンと言わせる ための作戦を練っていました。 ある日、その男は、 お釈迦様が毎日、同じ道のりを 散歩に出かけていることを知りました。 そこで、男は...

さらに表示する