Apex product 【 ⑤がんばろう千葉!! 】

【千葉県を、もっともっと、楽しもう!!】 №5

千葉県では、東日本大震災による津波や液状化などの被害に加え、農林水産物の買い控えや観光・イベントの自粛などにより、経済活動にも影響が生じています。

そこで、千葉を元気に、千葉から日本を元気にしていくため、県民、企業、行政等が一体となった県民運動「がんばろう!千葉」キャンペーンを実施しました。現在は終了致しました。このキャンペーンは、二つの取組を組み合わせて進めていました。

一つは「がんばろう!千葉」を合言葉に、各種イベント等を通じて気運を高める取組です。県の主催するイベントのみならず、趣旨に賛同する企業等が自主的に実施する県産品の即売会や、県のマスコットキャラクター「チーバくん」の統一シンボルマークを使用する商品ポップなど、独自の取組も進んで出来ました。

もう一つは、県民一人一人が身近にできることを積み重ねることで千葉を支える「がんばろう!千葉」応援隊の結成です。県産の農林水産品を応援する「ちば産品応援隊」に続き、県内を旅することで観光を元気にする「ちばめぐり隊」、さらには、この夏懸念される電力不足に対応するための「ちば節電協力隊」を結成しました。募集開始から1ヵ月程度で、企業・団体から250を超える参加を、個人の方で約3,000名を超える参加をいただきました。その後も続々と賛同者が増えており、県民運動は盛り上がりを見せました。このキャンペーンに弊社も参加して共に元気を発信できて良かったと思っております。キャンペーンは終了致しましたが弊社は、引き続き「がんばろう!千葉」を合言葉に、元気のないコロナ禍の千葉県に勢いを与えたいと願い活動を続けます。千葉を元気に、そして、千葉から日本を元気にしていきます。 

Apex product 社員一同

【 日本一 安心・安全な千葉へ!! 】

また銚子電鉄が、ありがとうの向きを変える方向に一歩動き出した。
ノスタルジー感たっぷりの『外川駅』で、パンの販売を開始したのだ。
背景としては、駅周辺の買物需要を支えていたスーパーが閉鎖し、高齢者を中心とした、買物難民が増えている事がある。
売れ行きは好調で、わずか一時間半で200個が完売するという状態が二回連続続いている。
買物に来られたお客様から、『有難い』という言葉が数多く聞こえてくる。
嬉しい!(≧∇≦)
因みにパンは、銚子市内の障がい者施設で焼いた物を持って来ている。
『この町に銚子電鉄があって良かったと』言ってもらえるように、これからも頑張ろう!

モノレールの駅にもなっている「天台」。

その地名を著す石碑が住宅地の中にひっそりとたたずんでいます。

 遅まきながら、おゆみ池の鯉のぼりを見て来ました。
家から散歩で行きました。結構日差しは強かったですが、
風がありそれほど苦にはならなかったです。

 池の上を気持ちよさそうに泳いでいる鯉のぼりたち、、...
背景には淑徳大学の校舎も見られます。

 近くの石垣では亀が甲羅干しをしていました。日本古来
の石亀や草亀ではなく大半はミシシッピアカミミガメ(ミ
ドリガメ)のようでしたが、20センチくらいの大きな亀
が何匹もいましたよ。

※ 銚子の岩がき 食べたい。九十九里のながらみも食べたいよ。

「浜茶屋 向島さん」に昼食に行っていました。
はまぐり、いわし、やっぱり九十九里!
ごちそうさまでした。

ちょっと時間ができたので泉谷公園に行ってきました。

新緑が本当に見事

季節毎に楽しみのある自然豊かな公園です。

千葉県鴨川市の太夫崎港の、【うっかり仕事サボりそうになったスポット】をご紹介しま~す!


太夫崎港のすぐ裏手には大きな道の駅『オーシャンパーク』があるのですがそこの裏側にステキな【足湯】がありました♪
良いお天気に海辺でつかる足湯はサイコー…。いやいや、けっして入っておりませんよ。気分だけです(^_^)

エゾシカのふんから… 新種のきのこ発見 廃棄物処理に応用も 千葉県中央博・吹春俊光主任上席研究員

千葉県立中央博物館(千葉市)の吹春俊光主任上席研究員(56)が、エゾシカのふんから発生する新種のきのこを発見し、学術誌の電子版に公表した。欧州などでも見つかっていない世界的に珍しいきのこで、その発生源から、将来は廃棄物処理などにもつながる可能性もあるという。6月まで同館でこのきのこの標本などが展示されている。

【キノコ】県内50種 毒キノコ注意を!! 食用“そっくりさん”も

 新種は、2011年9月に北海道苫小牧市の林で行われた日本菌学会の観察会で、参加者が直径1センチほどのエゾシカのふんから発生しているのを採集。同館が中心となり、北海道大や千葉大と共同調査したところ、新種であることが分かった。同館が世界に一つしかない新種の標本を保存している。

 34年前の1981年に、在野研究者が京都でウシのふんから発見し未知種としたキノコと同種だったことから「ウシグソコナヒトヨタケ」と名付けた。世界共通の学名「コプリノプシス・イガラシイ」は、新種が発見された観察会の大会長だった五十嵐恒夫・北海道大名誉教授にちなんで命名した。

 吹春研究員によると、ウシグソコナヒトヨタケはヒメヒトヨタケ属の一種。胞子の大きさは約100分の1ミリほどで、2、3日で柄が40から70ミリ、傘が約10ミリに成長するという。世界でも北海道と京都からしか見つかっていない。

 ふんから発生したきのこは「糞生菌類」と呼ばれ、動物が菌類の胞子が付着した草を食べ、消化管を通ることで発芽が促進され、ふんの栄養で暮らす。将来、廃棄物処理に役立つ可能性も秘めており、吹春研究員は「身近な環境の意外なところに暮らす未知の生物がいることを知って」と呼び掛けた。

 同館は6月21日まで「シカの糞から新種のきのこ発見」と題したミニ展示を行っており、新種の標本や、新種に関する論文を見ることができる。詳しくは同館、電話043(265)3111。

最終更新:5月5日(火)15時30分

ちばとぴ by 千葉日報

【ゴールデンウィークはぜひ加曽利貝塚博物館へ!】


若葉区にある加曽利貝塚博物館では、5月3日(日)、4日(月)、5日(火)に本館展示室へ入館された観覧者の方に記念として、加曽利貝塚PR大使「かそりーぬ」のバッジを各日先着200名様にプレゼントします!
ぜひ、世界最大級の加曽利貝塚にお越しいただき、縄文の世界に触れてくだ...さい。
5月5日には、かそりーぬに会えるかも?
開館時間は9時~17時、入館は16:30まで。

加曽利貝塚博物館の詳細や、かそりーぬ出演情報等は
http://www.city.chiba.jp/…/shogaigakushu/bunkazai/kasorikai…

本日、4月29日(祝)九十九里町片貝海岸で「海開き式」開催中です!

本日2015.4.24 Openした、「海の駅 九十九里」に行ってきました。
お天気にも恵まれ、たくさんの方が来駅しております!
皆様、九十九里町にお越しの際はぜひお寄りくださいませ!


「海の駅 九十九里」内の「いわし博物館」です!

海の駅 九十九里」のフードコートの1つ、港食堂茂丸さん!
頑張ってます!

【ニューオープン情報】九十九里町
本日、九十九里町の片貝漁港近くに「海の駅 九十九里」がオープン!

いわし漁で栄えた九十九里とあって、漁港直送の鮮魚がいっぱい!海を見ながら海鮮丼などを味わえるフードコートなどもある。

また、「いわし資料館」があり、いわし漁の歴史や文化が学べるほか、3000匹のいわしが水槽で回遊するなど見どころいっぱい!

4月29日(祝)にはオープン記念イベントも開催!
●パフォーマンス
 10:00〜 九十九里黒潮太鼓
 10:30〜 マーチング(千葉商科大学)
 11:00〜 愛宕神社獅子舞保存会

●無料配布
 12:00〜
 いわしの団子汁を先着150名
 いわしの丸干し1200匹

また、同日9:30頃からは、片貝中央海岸で、本州で最も早い「九十九里町海開き式」も開催。宝さがしイベントなどが行われる。

なお、海の駅九十九里については、5月21日発売6月号でも紹介するのでお楽しみに♪

【千葉県をもっと知りましょう】 イベントに行きましょう!!

【あなたは、一人じゃない。一人で悩まないで!!】命のメール受付

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です